アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
わーお陽性だ
2010年03月05日 (金) | 編集 |
アレっ子とは思えない数値のぼーず君、2月に検査をしてきたよ。
(もちろん姫もした。それはまた後に。)


結果はこちら
IgE(非特異的IgE) 36.0

スギ  0.34以下
ヤケヒョウダニ 4.83(クラス3)

卵  0.34以下
乳  0.83(クラス2)
小麦  0.34以下
大豆  0.34以下
米  0.34以下
オボムコイド  0.34以下

ピーナッツ  0.34以下
ヤマイモ  0.34以下

タラ  1.99(クラス2)
マグロ  0.87(クラス2)
サケ  1.90(クラス2)
サバ  2.51(クラス2)

見にくくて申し訳ないですが。
以前、微妙に擬陽性になったことがある魚系と乳が陽性に。

かかりつけ医は、これは除去してるのに数値が上がってきたというよりは、小さくて数値に出なかった反応が、年齢が上がったことで反応するようになったということでしょうと。


この結果については思うことが沢山ありすぎて、思考が暴走中。
というわけで、続きは後ほど(←こればっか)
スポンサーサイト
検査2008年6月<王子>
2008年07月14日 (月) | 編集 |

王子の検査結果です。

 

 
2007年12月
2008年6月
 
クラス 
測定値
クラス 
測定値
卵白
0
0.34↓
0
0.34↓
オボムコイド
0
0.34↓
0
0.34↓
牛乳
0
0.34↓
1
0.48
小麦
0
0.34↓
0
0.34↓
大豆
0
0.34↓
0
0.34↓
0
0.34↓
0
0.34↓
牛肉
0
0.34↓
0
0.34↓
豚肉
0
0.34↓
-
-
鶏肉
0
0.34↓
-
-
サケ
0
0.34↓
-
-
イワシ
0
0.34↓
-
-
ゼラチン
0
0.34↓
-
-
エビ
-
-
0
0.34↓
ピーナッツ
-
-
0
0.34↓
イカ
-
-
0
0.34↓
タラ
-
-
1
0.51
トウモロコシ
-
-
0
0.34↓
ヤケヒョウダニ
0
0.34↓
0
0.34↓
IgE
18.4
13.7

[続きを読む...]
もち米だねぇ
2008年06月15日 (日) | 編集 |
ザジテンを飲み始めたせいか、季節のせいか、除去効果が出てきたのか、ここ最近、かなり症状改善してきた王子君。
目の周りのがさがさは消えないものの、頬のかさぶたは落着いて来ていました。

そりゃもう、お医者さんも「あら~~随分良くなってきたね~~~!」と言ってくれるほど。
ほっぺはカサカサしてる?位で、目の周りのがさがさも私から見たら随分落着いて。

でもまあ、道行く人には相変わらず振り返られたり、目の所どうしたの?な~~んて言われちゃっていましたけどね。


でもでも。
またしても悪化。

原因は…。
私が食べた葛まんじゅうと思われます。

原材料はこんな感じ。
砂糖、小豆餡、葛粉、もち粉、寒天、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳化剤
(ちなみに乳化剤は乳製品ではありません)

またしても、もち米除去をしているのを知らない方からのお土産でした。
この葛まんじゅうがもち粉入りなのは分かっていました。

毎回こうやって地雷を踏む。
いい加減学ぼうよ、と思うんだけど、誘惑に負ける。
はぁ。


でも、収穫もあり。

それは、現時点の米の選び方は間違っていないらしいと言うこと。

通常食べている米 … ササニシキ
使っている米粉 … ゆきひかり米粉
その他の米製品(食事系) … ライスパスタ、ライスマカロニ、ライスペーパー
その他の米製品(おやつ系) … うるち米のせんべいなど

それだけ食べていても、とりあえず症状の改善が見られるということは、王子に米アレがあるとしてもいまのところもち米系を避けていれば大丈夫なのかなと。

一時期、米アレを疑ったとき、米を完全に避けるのがいいのかもしれないと悩んだけれど…。

正直、財政的にも、完全に米を避けると言うのはかなり難しい。

迷いも悩みも、ないわけではないけれど、痒みがなく過ごせるのが一番だとは思うけれど、それでも、今はこのまま、もち米だけは避けつつ、米ありの生活を送っていこうと思っています。
ザジテンが出た
2008年05月27日 (火) | 編集 |
皮膚科受診。
我が家は、同じ建物の中にある小児科と皮膚科にダブル受診しており、それは両方の先生が知っていることだったりします。
いつもは、両方受診するのですが、今日は家を出るのに手間取り、両方を受診できる時間の余裕がなくて皮膚科のみ受診。
保湿剤がなくなってしまう~~というタイミングだったので、しかたなく。

姫のほうはサラッと見ていただいて、保湿剤と掻き壊し部分に塗る薬(主に手指の間や耳切れ)が出て終了。

で、王子です。

ここ最近、ほほのガサガサは少し調子が良いです。
が、目の周りが悪化中。
背中やおなかにもザラザラが出ています。

それだけではなくて、気になっているのが、お風呂上りに膨疹がブワーッと出ることです。
いつもと言うわけでもなく、お風呂の温度やつかる時間と言うわけでもなく、特定の食べ物を食べたせいと言う感じもせず、でもかなりびっしり背中中に出るので焦っていました。

小児科の方では何度も相談していた、この症状。
でも「お風呂上りにそういうことがあっても、お風呂に入るまで何事もなくて、出た後にすぐに引くならあまり気にしなくて良い」と言われていたのですが。


皮膚科の先生は渋い顔。
そして、ザジテン追加となりました。

まあ、姫はずっとザジテンを飲んでいますし、姫には結構効いている感じがするので、薬としてよく知っている安心感はあります。
でも、長く飲まないといけない薬と言うイメージがあるので、「ついにきたかー」という気分になったのも確かです。


とりあえず1週間飲んでみて、来週また受診する予定です。
[続きを読む...]
振り返られるほどひどいの?
2008年05月13日 (火) | 編集 |
せっかくよくなってきたのに、また悪化。
一週間ごとに状況が違いますよ、王子君。

さてさて、数値的には全然アレっ子ではない王子君ですが。

ほっぺと目の周りがガサガサの状態でお買い物に行ったところ、知らないおばちゃんに振り返って覗き込まれて

「どうしたのー?これー!!」

と言われてしまいましたよ。


がはは。もう慣れた。


こういうときは、節目がちにして、「悲しみをこらえているような笑顔」を作って

「アレルギーがあって…」

と言います。

たいてい、励まされます。

「大きくなれば治るわよー(←無責任発言)」
「お母さん、がんばってね!(←頑張ってますが、何か?)」
「最近多いみたいだから、大丈夫よ!(←なんだそれ?)」


まあ、通りすがりですから。


こちらは笑顔で、「ありがとうございます~」



こんなこともありました。



最近、とある自然食バイキングのお店で、数回食事をしています。
そこは、アレルゲン表示がありますが、しょうゆのみ使用のものも「小麦使用」の表記があるため、店員さんに一つ一つしょうゆだけのものを教えてもらって食べるんです。

沢山のお皿には、色々なお料理が並んでいます。
でも、我が家が食べられるものはそれほど多くはありません。
から揚げ(しょうゆ・片栗粉)とか、サラダとか、ほうれん草のおひたしとか、肉じゃがが定番で、あとはその時々で季節の煮物やら和え物やらが一、二品あるかないか。

デザート類も洋菓子系は完全NGですが、こんにゃくゼリーやフルーツをいただいていました。

食べられないものが沢山並んでいても、たまにしか出来ない外食ですし、我が家にとっては一大イベント♪
ここに行くときは、目をつぶって王子には肉じゃがのジャガイモやらにんじんを食べさせたり、ベビーフードを持ち込んだりしていましたが…。


この前行ったときはさすがに顔を覚えられていました。
しかも、いつも以上に食べられるメニューが少なくて…。
気にしてくださった店員さんが、店頭に出ていなかった白玉団子をわざわざ持ってきてくださいました。
(姫はもち米OKですので、姫が全部いただきました。)

そのとき、姫に「弟君がアレルギーで大変だね」みたいな事を店員さんが言ったそうです。


店員さんは、姫もアレっ子だとは思っていないような様子でした。


そう思われても仕方ないくらい、王子の肌はガサガサだったんだろうなぁ。
そう思われるくらい、姫の肌はつるつるなんだろうなぁ。


つまり、姫の除去は、うまくいっているんだろう。
そして、王子の除去は、うまくいっていないんだろう。


ほんともう、何が原因なのさ!



昨晩、顔のガサガサのひどさと、体に点在する掻き壊しを見ながら、肌状態が落ちついてから止めていたステロイドを復活させました。

おかげで今朝は少し落ち着いている肌を見ながら、朝からがっつり落ち込んで。


数値に出ない。
けどさ、真っ赤でガサガサの顔を見るとやっぱり王子はアレっ子だと思う。


数値って何さ!
アレルギーって何さ!

何で痒いのさ!
どうしたら止めてあげられるのさ!


出口はどこにあるの?