アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久し振りです 負荷入院してきたよ@ぼーず
2013年04月09日 (火) | 編集 |
年単位で放置しておりますが。
お久し振りです。

さて。

ぼーず、入学前に負荷入院してきました。
乳と魚。

魚は、今回食べた分では大きな反応はありませんでした。
出汁までは解除。
シーチキン40gを自宅にて減監査。

乳は、ヨーグルト10gでは反応なく。

30分後に追加で30g食べたその更に10分後止まらないくしゃみと鼻水
→涙目
→目が充血
→ざらざらのアトピー状湿疹
→全身掻きむしり

※この時点で頓服薬服用

→全身に蕁麻疹(保冷剤で冷やして対応)
→目の周りに膨疹

症状はそこで止まり、呼吸器には出ませんでした。
ただ、後々本人にゆっくり質問してみたところ、のどがいやだった、とか、のどの奥に何かあった、と言っていました。
かかりつけの先生は、呼吸器症状の始まりだったかもと言っていました。


で、給食は、乳製品は完全除去、魚は出汁まで、と決まりました。


でも、ぼーずの数値って、乳はクラス1なんですけどね。



以下、たたみます。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
負荷入院の結果
2012年08月17日 (金) | 編集 |
二人とも、卵が解除になりました。

全卵加熱で、1個まで。

卵は一番数値も低かったし、可能性高かったので、最初に検査したのでした。
ぼーずの乳と魚は春休みに検査の予定です☆

姫の乳は、条件付き解除になりました。


病院では200ml摂取して反応なく、完全解除になりそう!と思ったのもつかの間。
日帰り入院で自宅に一度帰宅し、入浴したあと、背中にびっしり蕁麻疹が出ていてびっくりしました。

本人にかゆみなどの自覚症状はなく。
なので、いつから蕁麻疹が出始めたのかは不明。
私が発見したときがピークだったのかも不明。

とりあえず入院先の病院に電話確認したところ、頓服薬服用後、落ち着くようなら、朝まで様子見とのことで。

次の日の朝には蕁麻疹はひいていました。

で。

とりあえず200mlまで飲んでの症状なので、50~100mlはなるべく毎日摂取。
但し、給食など、外部の食事では牛乳その物と乳製品は除去、加熱加工品までの摂取と決まりました。

もともと加熱加工品までは食べていたので、乳はに関しては学校では変わらず。
自宅では怖がりの母は、量を大幅に少なくし、大体なるべく大さじ1杯程ずつ毎日摂取しています。

と、いうことで、姫3年生、完全解除に大きな一歩です。

実は負荷入院直前に、ぼーずが乳の誤食で反応だしたりしていますので、姫に牛乳出すのはひやひやだったりもしてますが、まあ頑張って行こうと思っています。

ぼーずの誤食話はまたそのうちに。
負荷入院します
2012年07月02日 (月) | 編集 |
おひさしぶりです。

いきなりですが、今月の後半に負荷入院します。
緊張する。

姫は、2日間で卵と牛乳を、ぼーずは、2日と半日で卵のみを試します。
ぼーずの魚と乳については春休みに改めてする予定。

姫はいけそうな気がしている模様。
私も、たぶん大丈夫なんじゃないかなー、でも油断禁物だなーと言う感じ。

ぼーずも、卵は大丈夫っぽいなー、でも油断禁物だなーと言う感じ。


問題はぼーずの乳ですよ。
春休みまでは間がありますけど。


あー。
どうなるかな。
そしてアレルギーは
2011年10月02日 (日) | 編集 |
いろいろに悩み、ずっと書かずにいたのですが。

子供たち、食べられるものの幅がずいぶん広がってきています。


入学前に、小麦大豆が解除になった姫は、二年生になった現在、卵・乳ともに、加熱加工品までクリア。

ぼーずも、卵のみ加熱加工品までクリア。
乳も、調子のよいときは加熱加工品が大丈夫なときもあります。
ただし魚は全除去のまま。


で。
姫の給食は、だいぶ楽になりました。
現在、除去しているのは、明らかに卵そのもの・乳製品そのもののが入っているメニューが主です。

カゼインの入ったソーセージは食べるけれど、バターで炒めたソテーは食べないって感じで。

でも、給食のパンは解除しました。
ミルクパン、チーズパンなど、明らかに乳が多い時だけ焼く位になり、去年までの週に2回、卵・乳抜き小麦パンを焼いていたころから比べると、ずいぶん時間が取れるようになりました。

持って行くおかずもずいぶん減りました。
少なくても週に1度、多ければ2~3度、全部の献立を食べられる日があります。

持って行く日でも、1年生のときは全部献立がNGの日も結構あったのに、今は1品か2品。
数ヶ月に一度、全NGのときもあるかな?と言う感じになりました。

あと、これはアレルギー的なことがあるからでしょうか。
献立から卵・乳製品、かなり省かれているような気がします。

たとえば、フライ類、つなぎにも卵や乳は入っていない場合が多いです。
その分、小麦過多になっている気はします。

やはり、小麦や大豆のアレルギーは、卵や乳に比べると給食作りの負担が大きい状況は変わっていませんね。


ぼーずの方は、やはり出汁まで除去の魚類がネックとなり、現在も全部持ち込んでいます。
が、姫のころに比べると私も肩の力が抜けてきたため、あまり完璧に似せようとしなくなって、面倒なときは好物を入れてごまかすなどしているため、こちらもずいぶん楽になりました。


ただし、家庭ではいまだに卵も牛乳も除去メニューです。
乳製品も卵も、負荷するとき意外は購入しません。


今しばらく、現状維持をしたい、と、思ってしまっているのです。


[続きを読む...]
放射線とハウスダスト
2011年06月03日 (金) | 編集 |
先日、母から、放射性物質をどうやって家の中から減らすか、みたいなので取り上げられてたと情報をもらいました。
簡単に言うと、放射性物質の掃除の仕方ですね。

まず、家に持ち込む量を減らすために、外出したら服にブラッシングをかけてから家に入ること。

そして、うがい、手洗い。
場合によっては髪や体もシャワーで洗い流すこと。

さらに、家の掃除の仕方としては、掃除機をかける前に水拭き。

そして、念入りに掃除機。
掃除機の紙パックなどはまめに取り替えること。

エアコンのフィルターや換気扇などのホコリのたまりやすいところもまめに掃除、だぞうで。



ねえ、これなんかすごいデジャブ。



いや、これさーこれさー。
アレっ子ママならよく知ってる掃除方法だよ。



ってことで、どうやら放射性物質は、花粉やハウスダストと同じ要領で掃除するもののようですね。


まあ、そうだよね。


目に見えないくらい細かい粒で、外から衣服や体について入ってくるんだったら、掃除の仕方は一緒だよね。


うむ。


そうやって考えると、持ち込んだ放射性物質のたまりやすい場所も見当がつきそうです。


家具の隙間や部屋の隅など、ホコリのたまりやすいところ、空気の通りにくいところじゃないかな。


それに、布団も夜の間ずっとホコリが降り積もることを考えると、掃除機かけたほうがいいんだろうなぁと。
まあ、全部は大変でも、せめて枕や頭周りは。



そんな我が家、先日4月頭に震災で延び延びになったアレルギー検査をした結果、ぼーずがハウスダストとスギ花粉の数値がボーンと跳ね上がっていたわけですよ。

まあ、停電で掃除もままならない時期もあったし、震災以降余震続きで家中のホコリが降ってくる最中の検査でしたから、それはそうだろうと思いましたけどね。

んで、姫の方もも、ハウスダストの数値、現状維持ではあるもののクラス5で結構高く。



こりゃー、掃除しないとなぁと思いつつ、思うばかりで体が動かない毎日を送っていたんですけどね。



ダニ・ハウスダスト・花粉と言われると、つい億劫になってサボってしまうことも多かった掃除(部屋に掃除機はかけてましたけどー)ですが、放射性物質と言われれば、頑張らないとなぁと思ったりするわけで。
それってアレっ子ママとしてどーなの?とは思うけど、掃除嫌いで続かなかったんだー。


まずは、毎日拭き掃除(といっても重曹系のウェットシートでクイッ○ルするだけ)と掃除機は、欠かさず行っております。
布団掃除機も、せめて週一は…(毎日しなきゃいけないのは分かりつつ)と。


これで、次のアレルギー検査で、ハウスダストと花粉の数値がさがっててくれるといいんだけどなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。