アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
津波の爪あと
2011年09月28日 (水) | 編集 |
先日の連休に、仙台空港の近くにあるショッピングモールに行ってきました。
仙台空港は津波の被害を受けたけど、そこから程近いこのショッピングモールまでは、波は来なかった、といえば、地元の人にはわかっちゃうかな。

名取エアリです。

ほんとに、すぐ近くまで波がきたみたいですが、仙台東部道路があったおかげで被害を受けなかったらしく。

震災後、お店が開いてから、時々出かけています。

自宅からは近くはないですが、休日に出かけるのに不便はない距離なので。


震災前は、仙台空港に飛行機を見に行った帰りに寄ったり、その周辺の公園で遊んでから買い物をして帰ったり、時々たずねて楽しんでいました。


震災後は、再オープンしたあとにエアリにだけ遊びに行っていました。


遊びに?

そう、遊びに。


震災があったからって、日常はなくならないし、津波の被害を見物に行くのはおかしいと思うけど、同じ宮城県民として、多少なりとも沿岸部にお金を落としに行く(と言う言葉は嫌いですが)のって意味があると思うし。


普通に、ショッピングモールに遊びに行ってました。


でも先日たずねたとき、久しぶりに仙台空港の屋上デッキが開いたということだったので、初めて、東部道路の向こう側に渡って、空港の方に車を向けました。


空港までの道の間に、見慣れた建物が、津波を受けて崩れているのが見えました。
道はずいぶん片付けられているのでしょうけれど、その分、集められた瓦礫の山がある場所には息を呑むものがありました。

やっぱり、自分の目で見ると、ショックは大きくて。


宮城県は地元、とは言っても、私の住んでいる場所は沿岸ではありません。
でも、だからこそ、その辺りには遊びに行った思い出の場所もたくさんありました。

子供たちをつれて、飛行機の見える小さな公園に何度も行ったし、大きな海浜緑地公園でぼーずも姫もアスレチックで遊んで走り回った。

名取と言えば、私たちにとってはちょっと遠いからこそ楽しい思い出ばかりが集まった場所だったのです。


結局、空港は駐車場に長い列ができていて入れませんでした。
連休で、訪ねてくる人や出かける人が多かったのか、屋上デッキの再オープンに人が集まったのかはわかりませんでしたが。

そのままエアリに向かう気になれなくて、車で、海浜緑地公園に向かいました。

走るごとに、津波の被害が目に刺さります。

個人の家も、公共の建物も、大きな被害を受けたのが、こんなに時間が経っているのに目で見てはっきりわかりました。
窓ガラスのなくなった建物に、後からかけられたものなのか、カーテンだけが翻っているのが見えました。

海の脇の道に入ると、海岸沿いの防潮林は、折れ、倒れ、枯れて茶色に。

波が削ったのか、抜けた木々が押し流したのか、アスファルトがはがれているところもありました。


そして、懐かしい海浜緑地公園の入り口まで来て、その先の道は、行き止まりになっていました。
まだ、片付けていないのでしょう。


なんで、海浜緑地公園までは道路が片付けられていたのか。


それも、はっきりと目で見てわかりました。


何台ものトラックが、瓦礫を運んできています。
そこは、瓦礫置き場になっていました。


瓦礫、と言う言葉も、嫌いです。


元は、みんな、なにもかも、誰かの大切なものだったのに。


そんなあれこれが、山になって積み上げられていました。


防潮林が被害を受けたためでしょう。

積み上げられた山に、砂が吹き付けられていました。


最初のころに運ばれてきたと思われる山には、吹き付けられた砂に雑草がびっしりと生えていました。


それが、時間の経過を、あの日から過ぎた「半年」を感じさせました。


住んでいた人の思いに比べれば、蚊が刺したほどのショックでしかないとは思うものの。


思い出の場所の様変わりが、痛みとなって胸に残っています。


自分にできることは、何だろう。
何かをしなくては。
何かをしたいのに。


できることは少なくて。
でも何かあるはずで。


震災から半年、生活が元に戻っている場所にいるからこそ、忘れてはいけない、忘れてはいけないと、自分に言い聞かせ、これからも、できることを探していきたいと思っています。
スポンサーサイト
失った命を思うこと
2011年06月20日 (月) | 編集 |
うまく説明できないし、こんなことを書くのが正しいのか分からない。
それでも、ひとつの体験談が、もしも、どなたかの心の支えになることがあるのなら。


私が、天使君とお別れしたときのことを、最近、すごく思い出す。

もう9年も前のこと。


おなかの中で、心停止していると告げられた日は、普通の検診の日だった。
そのまま入院。
なかなか子宮口が開かず、3日間、おなかのなかに、天使君はとどまった。
亡くなっているのが分かっているのに、生んであげられなくて、つらくて、つらくて。


治療法が変わった4日目、天使君は、産声を上げずに誕生した。


命を失った体で生まれてきた天使君と対面したとき、私の心をつかんだ感情は「喜び」だった。
うれしかった。
それまでの人生で、あんなに嬉しいと思った瞬間はないくらい、うれしかった。


生きていても、生きていなくても。
胎動が感じられなくなった天使君を、生んで上げられないでいる暗い絶望の中にいた3日間の後で、天使君を抱き上げたとき、やっと会えたやっと会えたって、私はすごく嬉しかった。


パパも、天使君を抱っこして、心底の笑顔で笑っていた。
それまで3日間、穴の底のような色のない目をしていた彼が、初めてのパパの顔になって、笑っていた。



今回の地震で。



津波で行方不明になった方が、亡くなられて、見つかったとき。
見つかったんです!と声を上げて。
ご親族の方が、喜んでいらっしゃる姿を、テレビで見かける。



そうだろうなぁと、思う。



亡くなられていても、見つかることは、喜びなのだと思う。
見つからない時間は、苦しいと思う。



形は違うけれど、あのときの私とパパの姿に似たものを感じる。



テレビの中には、喜びを感じる様子を不可解に思うようなことを言うコメンテーターの人もいたけれど。
違う。
嬉しいだろうと思う。
うまく説明できないけど。
体が、見つかることって、喜びだと思う。


でも、その喜びから、しばらくした後に、大きなショックの波がやってくるだろうとも思う。


ショックの波は、行ったり来たり、なんども強弱をかえながらやってくると思う。



行方不明のままの方の苦しみは、きっともっと大きい。
そのつらさは、想像することさえ出来ないものだと思う。



悲しみをどうか押さえ込まないでいられますようにと、祈っています。

救いは、唯一、同じ体験をした人と話し合うことでしか、軽減できないと思います。



話して、吐き出して、思い切り泣ける場が、多くの人にありますようにと祈ります。



人前では、平気な顔をしてしまうこともあると思います。
それはそれで良いと思います。
本当に平気なわけじゃなくても、そういう顔しか出来ない場面はあります。



ご自分が生き残ったことに罪悪感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、違います。
誰にもどうにも出来ないことです。
生きている人が、亡くなった方を思い続ける限り、亡くなった方がこの世に生きた証拠が残ります。

どうか、ご自分が生きていること、食べること、笑うことに罪悪感を持つことがありませんように。
亡くなった方は、きっと、生きている人が食べたり笑ったりすることを喜んでいらっしゃると思いますから。


こんなことをこんな風に書きつづることが、意味があるかどうかは分かりません。
もしかしたら、余計なことと思われる方もいるかもしれないし、不愉快に思う方もいるかもしれません。
ごめんなさい。

ずっと、書こうかやめようか迷い続けていました。
でも、一度言葉にしておこうと思い、記事に上げました。

近しい方を亡くされた全ての方が、穏やかな気持ちで過ごせる日が、少しでも増えていきますように。
夏の暑さに水風呂大作戦
2011年05月11日 (水) | 編集 |
今年の夏は、電力不足が心配とのこと。
多分もう、日本どこも同じだよね。

エアコンも使うのもはばかられるよね。どうしようねってことで。

水風呂を計画ちゅー。

外プールも考えたんだけど、うちの外プールはかなり巨大なため、節水的にどうかと思われるわけだったりする。
だからって、今あるのより小さいのを買うのは、無駄な気がします。

で。

我が家はいまだにお風呂に溜め水してるんですよ。
断水への不安から。

なので、それを使って水風呂大作戦。

子供たちが帰宅したら、水着着せて自宅のお風呂で水遊び大作戦。
いいじゃんー。

シャワー禁止で、湯船にたまっている分ならオーケーじゃない?

家の中で遊べて、暑さしのげて、キャーキャーとストレス発散も出来て。
いーかも?

我が家のお子達、スイミングに長いこと通っていますから、水遊びには慣れています。
なので、事故だけには気をつけてあげれば、水風呂大作戦は使えるかもー。


そんな、電気もガスも水も無駄にしない方法で、何とか夏の暑さをしのぎたいものです。
電子レンジは
2011年05月11日 (水) | 編集 |
結局買い換えました、電子レンジ。

うちにあったビストロ君の、後継機です。
色々似てるから、使いやすい。
でも、似てるからこそ、違っちゃってるところが分かりにくかったりして、パンを焼くとき、発酵させようとして操作が分からず右往左往しましたよ。

そんな、家電ですが、近くの大型家電店で購入しました。
電子レンジ、びっくりするほど品薄でした。

聞いたら、震災と、4月7日の余震で、結構電子レンジ壊れたらしいです。
棚から落ちたり、棚ごと倒れたり。

ビストロ君も、買ったときに在庫が残り2台だった。
しかも、一度完全にレンジの在庫がなくなった後に再入荷した分だったらしい。

内陸部では結構、4月7日の方が家具・家電の被害大きかったとも聞きます。


もし、次に大きな余震が起きたら、また違う被害の出方があるのではないか、と思ったりします。


今日、震災から2ヶ月ですね。

ここしばらく、余震の数は少なくなってきています。

でも、天災は忘れたころに…という言葉を心に刻み、いざと言うときの備えだけは忘れずにいたいです。
励ましの言葉に口汚く毒を吐く
2011年05月09日 (月) | 編集 |
ここから下は毒出しです。
嫌な気持ちになる方がいるかもしれませんので、折りたたみます。
ご了承いただける方のみ、ご覧ください。

[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。