アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コピコピ…エビフライ~ノンオイル~
2007年10月29日 (月) | 編集 |

汚い画像ですみません。

今日のコピー給食です。
メニューはこんな感じ。
 なす田楽 → 同左
 エビフライ → コーンフレーク衣のエビフライ
 粉ふき芋 → 同左
 鮭の和風パスタ → 同左

田楽なんて、初めて作ったなぁ。
なんて、ダメ主婦発言はおいておきまして。

今回の目玉はエビフライ!なんと、完全ノンオイルなのです!
揚げていません!

実は、電子レンジを買い換えました。

今まで使っていたレンジは、ターンテーブルがぐるぐる回るタイプのものだったのですが。
1年ほど前からそのターンテーブルが故障しました。
時計回りにはかすかに回るのですが、反時計回りには全く動かなくなっていました。

この一年、レンジからはいろんな面白いものが出て来ました。

一部はぐずぐずにやわらかくなっているのに一部はガチガチのかぼちゃとか。
完全に火が通っているところと、完全に凍っているところがまだらになったお肉とか。

ご飯deケーキなどのレンジケーキは、かすかに回る時計回りの側で無理やり作ってましたが、それでも時々は一部がカチンカチンに固くなってるのに一部が生の不思議な物体が出来たりしてました。

手でターンテーブルを高速回転させて即、扉を閉め、スイッチを押すとか、へんなことも色々しましたが、そろそろ限界!ということで、買い替えにいたったわけです。

閑話休題

で、エビフライです。

買い換えたビストロ君は、いわゆるスチーム機能付レンジです。
これがあれば、油を使わないで揚げ物が出来る!
常時、油を控えようキャンペーン実施中のアレっ子母にとってこんな便利なものはないと思いました。

買ってすぐのコピー給食、早速エビフライですから、これはぜひノンオイルで作ってみようと。

レシピ本にはエビフライは載っていなかったので、とんかつの作り方から引いてみました。
すると、パン粉に油を混ぜて加熱→焼き色をつける。
次に肉に粉・卵を付けて、焼き色つき衣をつけて過熱、とあるのです。

これ、コーンフレーク衣なら、最初の手順が要らないのではないか?

というわけで、えびに粉→水→粉→水→砕いたコーンフレークの順で衣をつけ、グリル加熱したのが、上の写真です。
全くのノンオイル。

私だけかもしれませんが、コーンフレークの衣の場合、上げている最中に衣がはがれてしまうことが多かったのです。
でも、レンジ過熱だとその心配はないので、朝の忙しい時間のコピー給食作りの場合、それだけでもありがたいなぁと思います。

試食してみました。
油を使っていない分、軽い食感になります。
粉を付けすぎた所は、コナコナした感じが残ってしまいますが、あっさりしていておいしかった。

面倒くさがりの私なので、もし除去していないでパン粉や卵を使う普通のエビフライやとんかつを作るなら、揚げてしまう方を選ぶかもしれないと思いました。

でも、コーンフレークの衣を使う場合は、揚げるよりこちらの方が楽かもしれないと思います。


これから、ビストロ君には頑張ってもらうつもりです♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。