アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そしてアレルギーは
2011年10月02日 (日) | 編集 |
いろいろに悩み、ずっと書かずにいたのですが。

子供たち、食べられるものの幅がずいぶん広がってきています。


入学前に、小麦大豆が解除になった姫は、二年生になった現在、卵・乳ともに、加熱加工品までクリア。

ぼーずも、卵のみ加熱加工品までクリア。
乳も、調子のよいときは加熱加工品が大丈夫なときもあります。
ただし魚は全除去のまま。


で。
姫の給食は、だいぶ楽になりました。
現在、除去しているのは、明らかに卵そのもの・乳製品そのもののが入っているメニューが主です。

カゼインの入ったソーセージは食べるけれど、バターで炒めたソテーは食べないって感じで。

でも、給食のパンは解除しました。
ミルクパン、チーズパンなど、明らかに乳が多い時だけ焼く位になり、去年までの週に2回、卵・乳抜き小麦パンを焼いていたころから比べると、ずいぶん時間が取れるようになりました。

持って行くおかずもずいぶん減りました。
少なくても週に1度、多ければ2~3度、全部の献立を食べられる日があります。

持って行く日でも、1年生のときは全部献立がNGの日も結構あったのに、今は1品か2品。
数ヶ月に一度、全NGのときもあるかな?と言う感じになりました。

あと、これはアレルギー的なことがあるからでしょうか。
献立から卵・乳製品、かなり省かれているような気がします。

たとえば、フライ類、つなぎにも卵や乳は入っていない場合が多いです。
その分、小麦過多になっている気はします。

やはり、小麦や大豆のアレルギーは、卵や乳に比べると給食作りの負担が大きい状況は変わっていませんね。


ぼーずの方は、やはり出汁まで除去の魚類がネックとなり、現在も全部持ち込んでいます。
が、姫のころに比べると私も肩の力が抜けてきたため、あまり完璧に似せようとしなくなって、面倒なときは好物を入れてごまかすなどしているため、こちらもずいぶん楽になりました。


ただし、家庭ではいまだに卵も牛乳も除去メニューです。
乳製品も卵も、負荷するとき意外は購入しません。


今しばらく、現状維持をしたい、と、思ってしまっているのです。


[続きを読む...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。