アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終業式のこと
2007年12月25日 (火) | 編集 |
先週、2学期の終業式があり、姫はただいま冬休み中です。

終業式は午前保育でした。
園の方針なのか、午前保育は年に数回しかありません。
2学期の始業式以来の午前保育でした。

姫の幼稚園では午前保育の日はおやつが出ます。
主に出るのはクッキーかおせんべい。
ゼリーなどの時には前もって「スプーンを持たせるように」と連絡が来ます。

今までは、何がでるかを前もって聞き、クッキーならばサトワカさんとうもろこし粉クッキーを焼いて持たせたり、おせんべいでも原材料が分からないときは食べられるものを持たせたりしていました。

が、クラスに卵アレさんがいて、そのお子さんと姫が親しくなったことから、クッキーを持たせるのはやめることにしました。
園で用意してくれるおせんべいを、二人で食べるのもいいな、と思えたからです。

それで、終業式には何も持たせず、原材料の問い合わせなどもせず、とりあえずそのまま行かせてしまいました。
電話が鳴ったのは、10時過ぎです。
担任の先生からで、まだおやつは与えていないのですが、と前置きがあり。

「みんなに用意しているのは○○(クッキーの名前)ですが、アレルギーのお子さんに用意していたのはおせんべいなんですけど、大豆が入っているみたいなんです」

「二つ用意していたんですけど、片方には『植物油(大豆を含む)』とあります」
「もう一つの方は『たんぱく加水分解物(大豆を含む)』とあります」

…たんぱく加水分解物…は微妙!
で、植物油に大豆って、大豆油じゃん! 大NG!
どっちもダメじゃん!

ちなみにこのとき、もう一人の卵アレさんは欠席だったらしく。

おやつまでまだ時間はありますか?と聞いてみて。
そろそろ、と思っていましたが、まだしばらくならということだったので。

とりあえず、今から行きます!

王子と買い置きのアレっ子クッキーを引っつかんで、車に乗りこみ、黄色信号は進めと解釈、いまだかつて無い猛スピードでぶっ飛ばし、15分弱と、普段より大幅に早く園にたどり着きました。
(普段は20分程度かかる)


ああ怖かった。

で、なんとかおやつの時間には姫もみんなと一緒にクッキーを食べられました。
ちょっと小さめのクッキーだったので、姫は3つ出してもらったそうです。
量的には同じくらいなんだけど、周りのお子さんに「いいなぁ」と言われたとか。


はぁ。


そういえば、2学期の始業式の頃はまだ、大豆は除去品目に加わっていなかったのです。

とりあえずみんなと一緒におやつタイムを、食べるものが無いとか、あまりに見た目が違うものを食べるとか言うことにはならずに過ごせてよかった、と思うのですが。

なんだかモヤモヤしています。

それは、たぶん、先生方への思いではなくて。

自分の中では、アレっ子生活ってもう「当たり前」のことになっていて、原材料を見て買い物をするとか、なるべく体にいいものを選ぶとか、ついつい「それが普通」と思っていることが、非アレの社会では「普通じゃない」ことなんだよな、と感じるとか。

そもそもなんで午前保育だとお菓子なんだろうとか。

なんで、普通にみんなが食べているものを姫は食べられないのかな、とか。

集団の中で、いつまでこうして守ってやれるだろうか、とか。


そういう、行き場の無い気持ちがふと浮かんできてしまった、と言うだけなのですけれど…。



とにかく、食がらみの「行事(午前保育って行事かしら)」のときは、やっぱり、ちゃんと聞かないとだめだな、と思った一件でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おやついらないよねー
娘もちょうど似たような事をお友達に言われてました(-_-;)
「姫ちゃん、大きいのが二枚もずるーい!」
(代替にせんべいを持たせた)
だそうで。娘はみんなと同じのが良いのに、なんで
ずるいんだろうと少し腑に落ちない様子。と言う事で
「じゃあ、今度からその子が何かいった瞬間キレなさい!
姫はみんなと同じのが良いんだよ!食べられないんだから
仕方ないじゃないかー!!と叫んでおいで。すっきりするから。」
と、キレ方を伝授しておきました。

私は大抵、大抵食べられなかった場合用に緊急おやつを
手紙をつけて持たせていました。うちの園、そのつどいきなり変わったり
するので。そのまま持って帰ってくることもあったし
食べてくることもありました。

おやつ、正直いらないよねー。どうせすぐ帰ってくるんだから
もうそのまま帰してくれたら良いよ、みたいな。
日々、苦戦するよね(-_-;)
2007/12/25(Tue) 17:16 | URL  | サトワカ #Ov2NF8Xw[ 編集]
サトワカさんへ
コメントありがとうございます。
とうもろこし粉クッキーへ無断リンクすみませんでした。
いつもお世話になっています。

私も娘に同じアドバイスをしていました~~~~。
「『本当は私だって同じの食べたいんだよっ!!!
アレルギーだからダメなんだよ!!!』
って大きな声で言ってごらん」って。

娘は、今回も一応アレルギーだから食べられないんだよ、
は言えたようですが、「くやしかった」と言うではないですか。

ドッキリしちゃいました。
たしかに、悔しいだろうなぁって。
たぶん、悔しいと言う言葉を覚えたばかりで
使ってみたかったのもあるんでしょうけど。

サトワカさんは毎回代替を用意されていたのですね。
やっぱり、代替を持たせることは大事と、反省しました。
今、もう一人の卵アレさんと同じ班のようなので、少し遠慮してしまっていましたが、
娘の方が多品目除去ですし、同じには出来ないこともありますよね。

それにしてもほんと、午前保育でおやつはいらないですー。
家に帰ってきてすぐ昼ごはん食べるんだし。

私も次回(始業式)は、何が出てもいいように緊急用の代替を持たせます。
いつも、ためになるアドバイスをありがとうございます。
2007/12/26(Wed) 08:06 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
アレっ子育ててると、もうどこが標準なんだか分からなくなってきますよね。
しばらく事故がないと安心感が出て来たり危機感が麻痺しちゃったり(←私がそうです)。
姫ちゃんに何事もなく、そしてまるさんが立ち止まって考える機会になって、良かったのかな?

うんうん確かにおやつはいらない。
お腹空かせて帰って来て、沢山お昼ご飯を食べればいいんですよねぇ。

とにかくお車気を付けて下さいね。
2007/12/26(Wed) 11:16 | URL  | yoyo #1SorPHcg[ 編集]
yoyoさんへ
コメントありがとうございます。

今、卵アレさんと同じ班なのですが、そのお子さんは縁で用意しているおせんべいとかを食べているんです。
姫だけ全然違う私がもたせたものを食べるより、同じアレっ子同士でおせんべいを食べるっていいかな、と思っていたんですけどね…。

姫の大豆除去、母親の目から「たぶんこのあたりは食べられる」って言うラインがなんとなく見えている気がするんです。
豆乳・豆乳クリーム・大豆油などに気をつければ、たぶんそれいがいはいけそうかなと。
それなので、つい、大豆に関してはガードが甘いと言うか、完全除去する必要あるのかなーと思っている状況で…。

そのぶん、おせんべいならたいていはいけそう、って思ってしまっていたんですけどね。

大豆油、たんぱく加水分解物あたりが入っていそうなおせんべいって、そもそも手に取らなくなっていたので存在を忘れていました。

っていうかね、子供にそんなの食べさせる必要ないと思いますしね…。
幼稚園のお菓子も、もう少し素材にこだわってほしいんですけど、そんなことを望む方がおかしいのでしょうか…。
2007/12/26(Wed) 11:53 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
う~ん そうなんだよね うちの場合は 幼保一元の園なのですが 給食費をあわすためなのか 幼稚園クラスには つきに 何回か ゼリーやヨーグルト プリンなんかが 給食のデザートとして出るみたいです
祐たんは 保育園クラスに いるので 三時のおやつがあるため これらは出ないんです。
その分 三時のおやつ 色々出るよ><
その影響なのか 午前保育や発表会なんかでも おやつにゼリーなんか出るんだよね
本当 午前中入らないよ いつもは食べないんだからって思います

祐たん みんなに羨ましがられないようって いつも思ってるんだけど 意識しすぎて 逆に不憫だたりもします
野菜とか嫌いってわかってると 逆に多く入れちゃったりするし
おやつとかは 先生に分量合わせてもらってるんだけど
どうなんだろうね 一緒って難しいよね。
祐たんにも 羨ましがられたときの守りを 伝授しよう
2007/12/27(Thu) 10:28 | URL  | 祐たんママ #-[ 編集]
祐たんママさんへ
コメントありがとうございます。

ほんとに、午前保育でおやつはいらないです~~。
保育時間短いので、おやつの時間があるとそれだけでいっぱいって感じ。
親の立場からしたら、帰ってきたらすぐお昼なのだから、おやつなしにして、その代わりに何か楽しいイベントを入れてほしいんですけどね。

周りから羨ましがられないようにするって難しいですよね。
あんまり羨ましがらせてしまうとそれも問題なんですし…。
意識しすぎて我が子が不憫に…っていうのも、すごく分かります。
私、両方を行ったり来たりしている気がします。

一緒にしたくてもどうしても一緒にできないことも色々あるし、どこで線を引くかって難しいですよね。
2007/12/27(Thu) 23:19 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。