アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年始 義実家で (No.2)
2008年01月06日 (日) | 編集 |
私たちが義実家を訪れたのは15時過ぎでした。

もう義妹家は来ていて、姫はすぐ姪っ子と遊び始めました。
私は義妹とあれこれ話しが弾みました。
義妹もアレっ子母さんです。
ツーと言えばカーな事が沢山あります。

義妹は気遣いの人で、私が気づかないようなこともスッとさりげなくしてフォローしてくれます。
気が効かないワタクシはいつも会うたびにこうありたいな、と思います。

そんな中、お義父さん、お義母さんが台所に立ちました。
チラッと覗きにいくと、そこにあったのはこれからあげるばかりに準備されたとんかつ・エビフライ・春巻…。

これは…。

たぶん、フォーを子供たちに作っても子供たちは見てしまえばこっちを食べたがるだろう。

でも。
春巻ならライスペーパーで、エビフライやとんかつならコーンフレーク衣ですぐできる。

さいわい、義実家と我が家は車で10分弱の距離です。
ならば、子供たちにフォーを作るより、これをコピーして持ってこよう。


「ライスペーパー♪持って来ていいですか?」

と、『明るく』言いました。


春巻は大人の分だから、と、言ってもらいましたが、でも、好物なので姫も食べたがると思うんです、と言ったところ。

「もちろんいいけれど、これはあるのよ」、とお義母さんがタッパーを見せてくれました。

そこに入っていたのは、二つのビニール袋。

一つには甥っ子用に卵を使わないで作ったと言う、揚げる直前のところまで作ってあるとんかつ。
もう一つには、姫用にと、「とんがりコーン」を砕いて作った衣を着けた、やはり揚げる直前のところまで作ってあるとんかつが入っていました。


義妹が作って持ってきてくれていたそうです。

ありがたくて…。


ということで、とんかつは義妹作を頂くことにして、車に飛び乗り、家に激近のcoopで2・3買い物をして、コーンフレーク衣のエビフライ2つと、ライスペーパー春巻3つを作って義実家に舞い戻りました。

ちなみに春巻に入れたのは、みんなの食卓ソーセージ・タケノコ・ニラ・スライスもち・アレっ子マヨ。
全て薄切りにしてライスペーパーでくるみ、ビストロ君のグリルで4~5分焼いただけです。
もちろん、エビフライもビストロ君。

こんなときですが、コピー給食を作ってて良かったなぁと思いました。
実際に作っていたからこそ、時間も読めたし、手の抜き方も分かっていたので。

戻ると、ちょうど出来上がって、お皿を並べ始めたところでした。
そのまま台所に立ち、義妹と一緒に子供たちのお膳を作りました。

大き目のお皿にご飯は湯のみを使って丸くして、エビフライ(甲殻類アレの甥っ子には抜きで)・とんかつ・春巻を並べ、千切りキャベツとミニトマトを添え、お義母さんが買っていてくれたキティかまぼこを飾って、ちいさなお子様ランチ風に、三つ出来ました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。