アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王子の妊娠…姫の食アレ(13)
2008年01月13日 (日) | 編集 |
王子を妊娠していた間が、姫の食生活が一番乱れた頃です。
この頃のことを、どう書いても、後悔ばかりです。

私は、本当にひどい母親でした。


牛乳・大豆を完全解除した、とかかりつけ医に話したところ、卵も解除していくようにと支持を受けました。
反応が出ているといっても、疑陽性の範囲なのだから、そろそろ除去は止めて食べさせて慣れさせましょう、と言われ、でもなかなか勇気が出ずに先延ばしにしていました。
ですが、王子の妊娠のちょっと前に、誤食により、おすしの出前についてきた卵焼を一切れ食べてしまいました。

このときも、即時の反応はありませんでした。
が、遅延で反応はあったのかもしれません。
もう今となっては、分からないのです。

でも私は、もう食べられるのだと思ってしまいました。

そして王子妊娠。
なかなか出来なかった第三子がようやくおなかに来てくれて、とても嬉しかったです。
でも同時に、やはりもしまた天使くんのように突然おなかからいなくなってしまったら??と言う恐怖もやってきました。
姫の妊娠時に比べたら、それでも随分楽ではありましたが、それでも精神的な動揺が全く無いわけではなかったです。
それと同時に、つわりのきつさに根をあげて…。

王子の妊娠期間、生活のコントロールが全然うまくいきませんでした。

姫の食生活は、ものすごいことになりました。
週に1~2回はハッ○ーマック。
通っていたプールのあとで、お友達と一緒に行ったり、買い物帰りに寄ったり。

とにかく、ご飯作りが辛くて、外食でも何でも…と言う感じでした。
つわりが一番きつかった頃は、自分で作るといっても、朝食や夕食はともかく、姫と二人の昼食は、ゆでるだけの冷やし中華を作るのがやっと、と言う日々が続いていました。

食アレが治ったから、こんな生活が出来るんだよなーと頭の片隅で考えながら…。
もちろん、牛乳は飲ませっぱなしです。

お茶嫌いで、甘い飲み物か牛乳以外はなかなか飲んでくれないこと。
水分不足なのか、ひどい便秘だったこと。
それと同時に、背が伸びないのを気にしていたこともあって、牛乳を飲むことはむしろ奨励していました。


そんな生活がいいはずありません。

ようやくつわりが落ち着いて、姫の血液検査をしたとき、私はしっぺ返しを食ったような気持ちになりました。


姫の食アレ14へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。