アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トビヒをきっかけに…姫の食アレ(18)
2008年01月17日 (木) | 編集 |
5月も終わりの頃、突然、姫の肌状態がものすごく悪化しました。
結論から言うと、トビヒでしたが、初めての経験だったから、なんで除去しているのにこんなにブツブツが出るのかわからず、掻かないの!掻かないの!と、言わないでおきたい禁句を何度も口にしました。

パパが、それアレルギーなの?トビヒとかじゃないの?と気づいてくれて小児科を受診。
やがて抗生物質を飲み、薬を塗り、でもかなり悪化させてしまったので、治ったと思っては新しいのがポツポツと出て、半月ほど治るのに時間がかかりました。

そして、そのままどうも姫の肌状態が思わしくない日が続きました。

幼稚園では週に2度パンを食べ、小麦製品は全く除去無しです。
月に一度のお誕生会の日は、卵と小麦のスポンジに生クリームがたっぷり乗ったケーキも頂いていました。

小麦のせいじゃないか…と思い始めてはいましたが、またしても何度お医者さんに相談しても、数値が低いのだからと言われて。

この頃から、転院を真剣に考え始めました。
この先生が悪いのではないと思うけれど、姫には合っていないのです。
数値だけでは判断がつかない場合もあると、アレっ子ブログを読みまくって思うようになっていた私は、数値だけで食べて大丈夫と言う先生に不安を感じていました。

でも、できれば転院するとしても、きちんとした先生に既往歴を示した紹介状を書いてもらいたかった。
なぜなら、アレルギー以外ではこの先生にかかりたかったからです。
家からの距離や、病院の雰囲気、予約制度があることなど、利便性が良かったのです。

また、どこのお医者さんにかかったらいいのか迷いもありました。

そうして悩んでいるうちに、小麦が原因だ、と感じさせるアレルギー反応がいくつか起こってしまいました。

誤食と言う言葉は当てはまりません。
負荷と言う言葉も当てはまりません。

こういう場合を、なんと言ったらいいのか、分かりません。

家族で、家の近くにできた、イタリアンのお店に食事に行ったのです。

私たちは普通にパスタを頼み(ちなみに王子に母乳を上げている最中です・一応卵と牛乳はが使われていないメニューを選びました)、姫にお子様パスタをとって食べさせました。

幼稚園では食べているし、小麦は除去する必要はないと言われているし、たまにだし。
心の中でいくつもの言い訳をつぶやきながら、不安な気持ちにはふたをして。



びっくりしました。



これが、即時反応って言うのかなぁ…。
姫は、食べている最中に肩口を掻き始めました。
顔の皮膚が目に見えてカサつき始めました。

半分ほど食べて、もういらない、といった姫。
普段は残すことに拒絶反応の強いパパが、いいよ、もう止めなさいと言いました。



それでも私は、病院に連れて行きませんでした。
今思うと恐ろしいのですが。

幸い、そのまましばらくしたら、痒みも治まった様子で、顔のカサ付きも気にならなくなりました。
お店から出て、車で家に戻る途中、姫は昼寝してしまいました。
めったに昼寝をしない姫なのですが…。


この恐ろしい出来事があったあと、私はコピー給食を持ち込むことを考え始めました。
給食に小麦の対応は無い、とこの時点で私は担任の先生に聞いていました。
でも、小麦アレについて、お医者さんに診断書をもらうにはどうしたらいいのか、迷って迷って。

さらに恐ろしいことは続きました。
前回の出来事以来、外食は低アレルゲンプレートのあるお店でしようと話し合った私とパパですが、低アレルゲンプレートのあるお店に行ったとき、姫が選んだのはトマトパスタでした。
もちろん、小麦のパスタです。

このころ、姫にはパスタが小麦であることは話していませんでした。
家ではキビ麺でパスタを作って食べていましたから、低アレメニューを見た姫は真っ先にパスタを選んだのです。

顔を見合わせ、「ここのパスタは、痒くなると思うよ」と切り出したパパ。
「こっちのハンバーグや、カレーにしたらどうかな?」と言うパパに、姫はショックを受けた様子でした。
そして次の瞬間、「痒くならない!大丈夫!!」
姫は、いつになく頑強に否定しました。

家で食べているのがキビ麺で、これは小麦麺だと言うことを、分かれという方が無理です。

「食べたら痒くなると思うよ、それでもいいの?」

私が聞きました。
パパの言葉には頑固に反論した姫、こと食事に関してはママの意見に逆らったことはほとんどない姫は、一瞬たじろいだようでした。

「…痒くなってもいいから食べる」

姫の言葉を聞いて、私は覚悟を決めました。
食べさせよう。食べてどうなるか、姫に分からせないといけない。

過去の経験から、アナフィラキシーショックは起こらないと、確信がありました。
姫はこのときもまだ、給食では小麦を摂取していましたから。
むしろ、この目で確認したいというような、変に肝の据わった思いがありました。

いざとなったら救急車。
でも、そこまでにはならないだろう。

このとき私とパパが何を食べたのか、全然思い出せません。
王子が寝ていたのかおきていたのかも、全然思い出せません。

やはり姫は食べ始めてすぐに、肩口を掻き始めました。
顔、特に目の周りがカサ突き始めたのも一緒でした。

無意識に肩を掻き毟っている姫に、静かに「痒いでしょう?」と聞きました。

ぎょっとしたような顔をして姫は掻く手を止めました。

「おうちで食べているパスタはね、ママが大丈夫って見つけたキビでできたパスタなの。お店で出てくるパスタはね、小麦のパスタなの。だから、ママやパパが止めなさいって言ったときは、止めないといけないんだよ。」


それでも姫は、パスタを半分以上、デザートのゼリーもしっかり食べ、痒みもカサ付きも、やはりしばらく後に消えました。

これを食べられると言うのか。

たしかに、即時で反応してるといっても、呼吸器に症状が出るわけでもなければ、日常生活に支障をきたすほどの反応と言うわけでもない。

でも。

いつか突然、痒み以上の反応が出たら?
いつか突然、アナフィラキシーショックを起こしたら?

不安と迷いを抱えて、でも具体的にどうしたらいいのか迷っているうち、幼稚園から電話が来たのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
グルグルとアレルギー繋がりでこちらに来ました
私も アレルギーもちの4歳になったばかりの娘をもつ母です
アレルギー未だ迷想しています・・・
娘アナフィキラシー2度(二ヶ月と2歳)経験していますが 一度血液検査しましたが数値にはまったく出ません
皮膚症状も全くありません
アレルギー科の先生とも全く見解が違います(前回は、症状が症状だから、数値には出てないけど除去してと。半年後に行ったら、アレルギーは三歳で治るもの!未だ除去してるの?とりあえずあげて、なんかあったら救急行ったらと)
違う病院に行っても、数値に引っかからないと同じ事を言われそう・・・
なんだかブログを読んでいて 近いところがありコメントしてしまいました
何を書いてるのかよくわからなくなってしまってすいません
また よらせてください




 
2008/01/18(Fri) 02:25 | URL  | さち #-[ 編集]
さちさんへ
はじめまして!
コメントありがとうございます。
こんな拙いブログにいらしてくださって、とても嬉しいです。

さちさんのお嬢さんとうちの娘は同い年ですね。
なんだかとても親近感が沸いてしまいました。

数値に全く出ず、皮膚症状もなく、突然のアナフィラキシーショック…。
不安で食べさせられなくて当たり前だと思います。
理解してくれるお医者さんを探すのも、とても難しいですよね。

お医者さんって、やっぱり毎日見ている人ではないですから、どうしても「こういう場合はこう!」と決め付けて話しをされることって多いと思います。
でも、ことアレルギーに関しては、「こういう場合にはこうである確率が高いが、例外もある」ということを踏まえて治療していただきたいですよね。
なかなか難しいのでしょうけれど…。

↑に書いた記事は、昨年の6月ごろまでのものですが、この後、娘は数値が0の大豆で全身に蕁麻疹が出てしまい、今は大豆も除去中です。
この頃のかかりつけ医は、数値が高くても食べられることがあるという側面をクローズアップして話す人でしたが、数値が0でも食べられないこともあるのを、もっと医療現場で理解してほしいのですが…。

私も、今もまだ、毎日迷走中です。
2008/01/18(Fri) 09:58 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。