アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べ物以外を疑ってみる
2008年02月16日 (土) | 編集 |
今日になって、またしてもおなかに蕁麻疹が出てしまった王子。
顔のかさぶたは落着いていたから、お風呂に入らせようと服を脱がしてみてびっくり。
胸の下や脇腹など、オムツかえでは見えにくかった辺りにかなりびっしりと…。

でも食事からの時間の経ち方から考えて、遅延反応?という感じ。
緊急性のものではなさそう、と判断。

お風呂、迷ったのだけれど、温めすぎない程度に入れました。
まだ環境系を疑う時期ではないにしても、私もパパもアレルギー性鼻炎もちで、私は小児喘息経験者なので、ダニ・ハウスダスト系はしっかり落としてあげたいから。

お風呂上りにステを塗布。
寝かしつけてからゆっくりと、何が原因だったのか考えてみました。

以下ダラダラと。
今日食べたものを振り返ってみるものの、いつも食べさせていたものばかり。

朝は時間がなくて、まんまぱっぱの大根葉とごはんにつぶしたかぼちゃを混ぜ込んだものだったんだけど、かなりいまいちだったらしく食いつきが悪い悪い。
(ひどい手抜きだ)

昼は反省して(?)、かぼちゃリベンジ。
作ったのは、油脂不使用のかぼちゃ入りソルガム粉蒸しパン。
(ソルガム粉・有機コーンスターチ・てんさい糖・かぼちゃ・重曹・カボス果汁・水)

これ、水分量を誤ってかなり上の方がういろう化しちゃったので、その部分はワタクシのおなかに。
下の方は、王子にはおいしかった様子でかなり食べた。
これで怪しいとしたら等分の取りすぎくらいだけど、てんさい糖は20g×1/6。
この程度は今までも摂っていたし…。

んでもって、夜は雑炊。
昆布だし・新たまねぎ・にんじん・しいたけ・ブロッコリ・雪菜・塩・お米はササニシキ。
塩味は気持ちだけ。

発見したときの時間からいくと、怪しいとしたら最後に食べたこの雑炊だけれど、それにしても使った食材は今までも結構食べていたし。


それとも、昨晩だんなちゃんに作った米粉&ソルガム粉のココアバナナ蒸しパン(一応、バレンタインだったから)からの経母反応か?
バナナ?ココア?

わからん。



食物関係に行き詰まり、とりあえずそれ以外に頭を向けてみる。



掃除、は、今日はかなりしっかりしたつもり。
床はクイック○ワイパーに、アレルゲン除去用をうたうウェットシート(界面活性剤不使用)をつけて拭いた後に、掃除機がけ。
最近、掃除機の後をついてきたがるので、掃除機がけ中はベビーベッドに捕獲。

接触は、姫や私の食べていたものの中には思い当たるようなものはなし。


と、そういえば。


最近、洗剤を重曹系のものに切り替えていることを思い出した。
今までは液体石鹸を使っていたんだけど、詰め替えの買い置きが切れたのをきっかけに、重曹系を使い始めた。

もちろん、すすぎはしっかりしているんだけど、液体石鹸に比べると洗い上がりがごわつくような気がしていた。
「洗濯布ふわふわ」は使っているんだけど、バスタオルや肌着がバリバリっとなってしまって。
洗い方が良くないのかな、とちょっと考えていたところだったんだけど。


もしかしたら、今回の蕁麻疹は食べ物原因だけでなくて、接触性のものもあるかもしれない。


だから食べ物は気にしなくていいとかそういうことじゃないんだけどね。


王子は見ているとどうも肌自体も決して強くはない。
食物だけに目を向けていると、それ以外の部分で無理をかけてしまうこともあるかもしれない。


まずは、洗剤を戻してみよう。
その上で、今回と同じものを食べてみて、反応を見てみる。

一個一個つぶしていけば、いつか原因を突き止められると信じたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつも思い出す・・・
まるさんこんにちは!
いつも読みに来ています。そして、いつも、自分の昔の事を髣髴とさせられます。
「あー、私もこういう風に悩んでた!」というふうに。
うまく言えないんだけど、まるさんの事をギューっと抱きしめたくなります。
何が原因なんだろう?と考えているとき、って、落ち込んだ気持ち、切ない気持ち、でも前向きでありたい気持ち、科学的な気持ち、感情的な気持ち、ないまぜになって、これは、やっぱり、経験した人でないとわからない気持ちだと思う。
そんな気持ちを抱えながら、
ご飯作ったり、子どものおしっこに付き合ったり、ちょっと回りのお母さんときゃあきゃあ喋ってみたり、日常は回っていくんだよね。
「原因」て、わかるときもあるけれど、子どもの体の中も刻々変化するし、わからないまま終わる事も多い。でも、だから、って、原因探しを止めるというわけにも行かない。そのつらさ、って、なかなか表現できないものだけど、
そっくり同じではないだろうけど、
「わかるよ!」
って、いつも思いながら、うまく声をかけられないでいました。
アレルギーの中身や程度や経緯は千差万別だから、アドバイス地味たことはできないけど、大丈夫、まるさん、きっとうまくいくから!
時々は、息抜きしろよー!
と、一言かけて、去ります・・・。
うまく書けなくて、ごめんなさい。
2008/02/17(Sun) 06:17 | URL  | タケ #WJLXaiBc[ 編集]
タケさんへ
コメントありがとうございます。

実は、朝タケさんがコメントしてくださった直後!に、読ませていただいていました。
が、王子が鼻風邪引いて、明け方に鼻詰まっておっぱい飲めなくて不機嫌大爆発!だったりして、バッタバタしててコメントレスが遅くなりました。
ごめんなさい。

タケさん…ありがとうございます。
分かるよって言っていただけて、涙が止まりません。

アレルギーの程度としては、たぶん王子は(姫も)軽い方だと思います。
だから数値に出てこない、と言うところもあるのかなと思います。

それでも、掻き毟って真っ赤な頬がジュクジュクしていたり、服を脱がせた瞬間に無表情になって体中を掻き毟り始めたりするのを見るたびに、なんでこうなるんだろうって考えて考えて…。

原因、分からないときもあるって書いてくださってありがとうございます。

私、原因が分からないのが自分のせいのような気がしてて。

そう、子供って、成長してるし、気候とか体調とかに影響を受けてるし、同じことしててもダメな時もあるしいい時もあるし、姉弟でも全然違うこともあるし。

難しいし、分かんないよ!って投げ出したくなったりもするんですけど、でも、そうやって悩んだのが私だけじゃないって書いてもらえて…。

朝から、タケさんのコメント噛み締めながら一日過ごしていました。
泣くことができて、そしたらまた頑張れる気がしてきました。

本当に、本当にありがとうございます。
2008/02/18(Mon) 01:40 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
まるさんの記事よんで、上の娘の生後3ヶ月頃の断乳前後の頃を思い出しました。どうもアレルギーらしいってことも薄々感じて、私も乳・卵などは控えてみたりしてたけど、結局私の病気や色々あって、断乳してMAー1に切り替えれば、食物アレルゲンの影響からも脱してこの子も自分も楽になるだろうと思ってたけど、結局、MAー1だけ飲ませても、1歳過ぎまでは痛々しい皮膚状態が続いたなー。食物アレルギーの影響ってだけではなかったのか?今でも分かりません。ステロイド使って一瞬改善してもまた元通り、て悪循環がいつまでも続くような気がしてました。
今、下の子は生後1ヶ月半ですが、おでこの湿疹はせっけんで洗ってよくなったけれども、その後、ほっぺたに赤いがさがさ出現。私は乳・卵自体は食べてないけど、牛肉・鶏肉やめてみるか?と様子見して、今少し改善中?微妙なとこです。
原因不明だと、母体側であれもこれも食べない!と徹底してやりたくなるけど、度を越すと親の方が倒れてしまうしねー
未知のアレルゲンの地雷原が前途に広がっている感じです。
って、相変わらず自分のことばかり書いてしまってすいません。
まるさん、ひとりで頑張らないで。後ろにもランナーいますから!(て、慰めになってないじゃん、すみません。。。頼りになる先輩ランナーのコメントの後で書くものじゃないわー)
アレルギーとの対話はキツイけど、でも、この子が無事に私のところへ生まれてきてくれたことへの感謝は、(まるさんを見習って)私も忘れないようにしたいです。
2008/02/18(Mon) 10:58 | URL  | にゃあ #PJU.RmOY[ 編集]
にゃあさんへ
コメントありがとうございます。
原因を探るのって本当に難しいですよね。

>未知のアレルゲンの地雷原が前途に広がっている感じです。
これ、もうすっごく共感しました。

我が家、姫の場合は、一番最初にアレルゲンを除去し始めたときはスーッと肌状態が改善したので、つい、食べ物さえ何とかしたら良くなるはずって思ってしまいがちなんですね。

でも、今は姫は環境系の影響も次第に強まってきていますし、王子のほうは、なにがなにやら全く分からないために全部疑わしく感じられてしまっています。
私も、母体側での除去を徹底したい!と思うのですが、調味料以外の四大除去はそれほど辛くないのに、魚とか豚肉とか動物蛋白の除去って難しい!と思っちゃいます。
カツオブシの出汁とか…。ああ、出汁の聞いた味噌汁、飲みたーい。

にゃあさんは後ろになんかいませんよ。
お子の年齢こそちょこっと下だけれど、一緒に並んで走ってくださっている感じがします。

アレルギーとの対話、本当にきついですよね。
でも、一人じゃないんだなって思うと、ほんと頑張れる気がします。
そうですよね。無事に生まれてきてくれたんですものね。

コメント、とっても嬉しかったです。
すごく励まされました。
2008/02/18(Mon) 14:46 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。