アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春が来る
2008年03月22日 (土) | 編集 |
私が住んでいるあたりも随分暖かくなってきた。
まだ風は冷たいときもあるけれど、それでも、日差しは暖かい。

プランターのチューリップが随分伸びてきた。



春が来るね。



天使くんがいなくなってしまったのが、春だから、この季節はどうしても不安定。



なかなか眠れない日が増える。



きっと白髪も増えてるね。
毎年、春が過ぎるとドーッと増える。
パパと、天使くんの置き土産だねと、言っては笑ってる。



今年は、桜が早いんだって。
あの年もそうだった。


天使くんがおなかにいたとき過ごしたあの街で沢山の桜を見た。

おなかが張らないように、休み休み歩きながら、ベンチというベンチに座りながら。



ソメイヨシノが散って、八重桜が咲いて。



アパートの近くの小さな小さな公園に、公園からあふれ出しそうなほど大きな桜の木が何本かあって、その中の1本は八重桜で。


買い物帰り、パパと一緒に、八重桜の花を見上げながら

「来年は、一緒に見ようね」

なんて声かけたりして。


おなかに話しかけるとか、なんだか気恥ずかしくてそんなにしょっちゅうはしなかったんだけど。


でもあの時は、まるで一緒におなかの中から桜を見上げているように思えた。
だから、言葉が自然に口から出てきた。



その後すぐ、お空に帰ってしまったけど。



今でも思い出すと苦しい。



あの時、何にも疑ってなかった。
この先何年も、桜を一緒に見られると、そんなことを意識すらしないほどに当たり前に。



ずっと、心のどこかで不安があったのに。
いなくなってしまったらどうしようって思っていたのに。


あのとき、八重桜を見上げながら、そんな不安がどこかに消えてしまって、それから本当に短い間だけ、きっとこの子は無事に生まれてくる、と信じて過ごした。


それが苦しい。


今でも会いたい。
抱っこしたい。
当たり前だよ。


大切な大切な我が子だもの。


いつか会えるんだろうか。
もう一度抱っこできるだろうか。
たぶん、私が死ぬときに??
(もちろん、まだ死ねないけどね。)




今年も、春が来る。


胸の中が絞られるような気持ちになる。


夢でいいから会いたい。




夢でいいから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。