アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無理を止めたとき
2008年03月27日 (木) | 編集 |
↓の記事の続きです。

暗いですので、読まなくていいと思います。

そうして付き合いを続けているうちに、だんだん、自分の中に重ねた無理と向き合わないわけには行かなくなっていきました。

会いたくない、話したくない、電話が来ると気が重くなる。

彼女の育児日記を読むと何日も落ち込んでしまう自分に気づき、これ以上こんなことをしていてはダメだと思い始めました。


出来ちゃった婚で結婚して、子供を授かることの難しさを知らずに、2歳児育児の中心にいる彼女。

天使くんを30wで失って、その動揺の真っ只中にいて、自分の建て直しも出来ないで不眠になり、赤ちゃんとの接触を避けている自分。



いくら以前趣味が共通だったといっても、お互いの生活の興味関心が真逆になっているときに付き合いを続けようとしたのが無理だったのです。

彼女の悩みも大変さも、当時の私にとっては理解不能だったし、私の悩みも苦しみも彼女にはたぶん全く想像できなかったのです。


何度目かの電話で、彼女がまた義実家に行くことになったから、半日遊べないかと言われました。

やっぱり、会いたくないと言う気持ちを自分に対して認めることが出来ず、でも気づけば何とか避けようという方向で話しをしている自分に気づきました。

そのとき彼女に「でもまるちゃん(仮名)と会わないと、ずっと義実家にいないとなんないし、それって辛いもん、協力してよー」と言われました。



確かに、義実家ってヨメにとっては気が重いものだと思うけれど。

私に会いたいわけではなく、義実家からの逃避のために遊ぼうと言われた瞬間にぷっつり何かが切れたような気がしました。



私が精神的に動揺してまで会う必要ない。
私がここまで彼女と会うことで精神的に追い詰められるのに、彼女にとって私は義実家からの逃避場所でしかない。



予定が入っているからと嘘をついて断り、それをきっかけに、彼女の日記を読むのも止めました。
そうして彼女との付き合いを浅くしていくうちに、自分がどれだけ彼女との会話で無理をしていたかを感じました。



オムツがなかなか取れなくてと言われて、天使くんオムツを取り替えてあげたかったと感じる。

わがままばかり言われるんだよねと言われて、産声さえ上げなかった天使くんの声を聞きたいと感じる。

子供がかわいいことをした笑い話を聞かされて、そんな風に笑いたかったと思う。


悪気のない彼女の悪気のない言葉が、自分の心の穴に刺さる。

でも、そんな風に人をうらやむような自分に自己嫌悪を感じる。

そして、うらやんでいることも自己嫌悪を感じることも、彼女に気づかせたくなくて隠す。

隠すから、よけい彼女は気づかない。

無理して無理して無理して。無理をしていることを認められなくて。

でも、会うのを止めてサイトを見るのを止めたら、すっごくすっごく楽になってしまって、そのあまりの楽になり方に、自分が重ねた無理に気づかないわけには行かなくなってしまいました。



今、彼女とは音信不通です。

届いた年賀状に返事を出すのも止めたら、連絡が来なくなりました。
でも、連絡を取りたいとは全く思わないのです。


今なら違う人間関係を築けるかもしれない? いいえ、たぶん無理。

私が、心の穴におぼれてもがいているとき、彼女は全く気づきませんでした。

赤ちゃん休憩室で泣いていた私を見ても、育児日記を読んでね♪と言った彼女。

悪気はなくても、そのことで私が傷つくかもしれないと、全く思わずにいた彼女。


彼女は悪くないけれど、私にとっては「無神経」な人でした。
それは彼女の経験と私の経験が重ならないからというだけだけれど。


きっと彼女にとっても、私は彼女の悩みを受け止められない人だろうと思います。


人生は決して長くありません。
家族を巻き込むような付き合いを選べない人間関係でないなら、自分の心に無理を重ねないといけないような人と付き合いを続ける必要なんてないのです。

天使ママになって、それまでの沢山の友達と連絡を絶ってしまいました。
でも、天使ママ友達は沢山出来ました。

天使くんのくれた大切な友達です。
ツーと言えばカーで、天使ママが感じる悩みを分かち合い続けられています。

お別れしてから時間が経って、だからこそ感じる天使ママの悩みも、一緒に話して共感しあうことで癒されることもあります。




逃げられるならば、逃げていい。
辛かったら、無理しなくていい。
そのことに自己嫌悪なんて感じなくていい。

逃げようのない人間関係の中でだって、人は様々なストレスにさらされるのです。

逃げようと思えば逃げられる人間関係なら。

辛い思いをしそうなときは逃げる勇気を持とう。
逃げたいと思う自分を認めよう。


天使くんは、そんなことも教えてくれました。

私にとってはこれも人生を生きていく中での大切な宝物です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/27(Thu) 11:10 |   |  #[ 編集]
私が友人とのつきあいで迷ったときに、まるさんが、「頑張らなくていい」とアドバイスくれたことを思い出しています。あの言葉で私はどれだけ救われたことでしょう。
自分の状況に卑屈になり、卑屈に感じる自分を嫌悪し、だから、表向きは普通に振舞う。だけど根底にあるものがとてももろいから、その上に無理やり前向きな気持ちを重ねても、随所にひずみが生じてくるんだよね。だから、まるさんの言葉で、この負のサイクルから解放され、私はとてもすがすがしい気分だったのでした。
前向きに前向きにって言われる中で、後ろ向きな自分をありのままに受け入れていくことは、むしろ必要なことなんですよね。
大事なことを教えてくれてありがとう、まるさん。
2008/03/28(Fri) 00:25 | URL  | コフ #z6DrvHlY[ 編集]
初めて会ったのに。。。
何だかとっても人なつっこくて、可愛らしいまるさん。
今日はお疲れ様でした(〃^∇^)o彡☆

何故なのかがわかりましたよ。

同じ思いをしている同士だからですね?

私もある人と、20年近く我慢して一緒にいました。
いつかはきっと。。。
わかってもらえる。。。
そう信じて、頑張りすぎてました。

ある日を境に距離を置いた直後は。。。
後悔&絶望で、本当に辛かったけれど、今は楽しいと思える日がすごく増えました。

今日の様に、みなさんと会うことさえも出来なかった。。。
とっても楽しい時間を過ごす事が出来て。。。
今、この自分。。。
幸せ。。。

我が子をお空へ見送った事だけじゃなく、その事をきっかけに 「 NO! 」 と言える様になった。。。
同じ体験が、とっても近くに感じたのだと思います。

遠く離れていますが、心はすぐそこにある気がします(^_-)-☆
またいつか、お会い出来る日を楽しみにしています。

2008/03/30(Sun) 21:08 | URL  | 五人の母さん #-[ 編集]
鍵コメント様
コメントありがとうございます。
レスが大変遅くなり、ごめんなさい。

鍵コメント様は優しいですね。
「声をかけず、見守る」って、一番ありがたいです。
話したくなれば、きっとお友達は自分から話したと思います。

それから、天使ママのサイトを紹介したこと、これ、すごくありがたかったと思いますよ。
同じ体験をした人の言葉にすくわれることってとても多いと思いますから。

鍵コメントさんの優しい気持ち、きっとお友達に届いていたと思います。

私も、鍵コメント様の深い優しさと暖かい言葉が、とても嬉しかったです。
天使くんも幸せを感じていると書いてくださってありがとう。
本当に、ありがとう。

鍵コメント様の言葉に、沢山沢山、癒されました。
2008/03/31(Mon) 10:15 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コフさんへ
コメントありがとうございます。
レスが大変遅くなり、ごめんなさい。

↑ この体験以外にも、他のお友達とも色々あったのですが、彼女とのやり取りが一番追い詰められました。

なにが辛いって、人をうらやんでしまう自分に対して自己嫌悪を感じてしまうこと。
相手は悪くないんだから、こんな風に思う自分が悪いんだと自分を責めてしまうこと。

でもそうやって自分を責め続けていないといけないようなお付き合いは、浅く・軽くしていった方が良いんだよなーと思うようになりました。

あそこまで我慢しないで、それより前に少し距離を開けていれば、もしかしたら今でも付き合いが続いていたのかなと思うこともありますが…。 
今はもう、付き合いを回復したいとは思えないんですよね。

あの時、コフさんが現状を正直に告げて、「楽しんでね、いつかまたね」と言ったと伺って、すごい!と思いました。
正直な自分で相手に向かい合う勇気があれば、いつか本当に笑顔で再会できると思いました。
私こそ、コフさんには色々なことを教わりました。
ありがとう。
2008/03/31(Mon) 10:45 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
五人の母さんさんへ
コメントありがとうございます。
昨日は大変お世話になりました。
いっぱい甘えてしまってごめんなさい。

私のブログは誰に向かって書いているのやら、穴に向かってほえているようなブログではあるのですが、読んでいただけて嬉しいです。

我が子をお空に見送ると、その後の人生が大きく変わってしまいますよね。
ものの考え方も、人との付き合い方も。

20年近く…。
それだけの時間、五人の母さんさんがどのような我慢を重ねたのか、私が簡単に何かを言うことができないですが…。
「NO!」と言う勇気を天使ちゃんがくれたのですね。

五人の母さんさんの天使ちゃんは、ママの愛情を沢山沢山受けて、沢山の涙をもらって、きっと幸せだったと思います。
沢山の時間おなかで頑張ってくれて、沢山の思い出を残してくれて、勇気のある良い子だと思います。

今を楽しいと言う五人の母さんの、パワフルで優しい笑顔にいっぱい力をもらいました。
これからもお会いできるチャンスがありましたら、財布が許す限り(爆)飛んでいきますので、遊んでくださいね!
2008/03/31(Mon) 11:00 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントにとても悩みました
読みながら、色々思いました。

私も一人お空に帰ってしまった子が居ます。
長い事第二子が授かりませんでした。
その間いろんな人に悪気はないのですが軽く
色々言われてひそかに凹んだ事もありました。
悲しいな、と思う出来事もありました。

逆に私が色々気がつかないうちに、悲しい思いを
させているんじゃないかと考える時もあります。
ずっと仲良しだったお友達はガンで子宮を摘出しています。
私の悩みが私の中でひっそりと芽生えたように
彼女の悩みも彼女の中でひっそりと芽生えているんだろうな。
心のうちは、本人にしか分からないから。

長い人生、いろんな事がありますね。
これからも、沢山の体験をすることでしょう。
いろんな人と出会って、いろんな事を思うでしょう。
お互い、がんばりすぎずに素敵な出会いを築いていけるとよいですね。




2008/04/02(Wed) 09:29 | URL  | サトワカ #Ov2NF8Xw[ 編集]
サトワカさんへ
コメントありがとうございます。

悩みながらとかかれていらっしゃいましたが、深いコメントを下さってありがたかったです。

そうですね。
私の言葉が、誰かの事を傷つけることもあると思います。

人は誰でも、その人その人の立場からしかものを見られないものですから。
他の人の気持ちに寄り添いたくても、自分に経験がないことは、ただ想像するしかないですものね。

今の私が、誰かにとっては「会いたくない」人であるかもしれない。
そう思うこともあります。
避けられることもあるかもしれません。

姫と同時期に生まれて、ダウン症の合併症から重い心臓病のお子さんのママで、連絡が来なくなってしまったお友達がいます。
色々考えると、彼女にとっては、もしかしたら、私は「無神経」な存在だったかもしれません。

でも、もしそうなら、彼女から連絡が来ることがあるまでそっとしておこうと思っています。

それも、仕方ないことで、悪いのは私も相手でもなくて、タイミングなんだろうと…。



私が今、思いを分かち合って話せる友達を得られたように、↑の記事の彼女にも、コメントに書いた彼女にもそういう人が周りにいてくれるように、祈っています。
2008/04/03(Thu) 08:07 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。