アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり花粉は
2008年04月08日 (火) | 編集 |
やっぱり今の時期、姫の肌状態は悪化する。
目に見えて出ているのは、両手の甲に掻き壊し・おでこに小さな貨幣状湿疹・その他、おなかや背中にいくつか湿疹。
完全に書き壊してしまう前にステを使って押さえ込む。

食べ物の除去と違い、環境系を避けるのはどうしても難しい。
洗濯物を内干ししても、窓を開けないようにしていても、外出しないわけには行かない。

春休み中は、なるべく家にお友達を呼ぶようにしてたけど、それでもたまには公園にも行ったし、公園に行けば大好きな砂遊びもするし。


それでもこの程度なら軽い方なのは分かっているけどね。


花粉の季節、姫のアレルギーコップは、かなり満杯に近くなっているのが分かる。
解除している調味料、醤油はともかく、味噌を取りすぎるとひざ裏がなーーーんとなく怪しい。

赤ちゃんのときに出ていたとは言っても、1歳7ヶ月に下がってからは、ずっと数値が0の大豆だけれど…。

はぁ。

食べ物の数値、昨年12月の検査で全部0に下がってた。
それからもう4ヶ月近く。

本音を言えば。

そろそろ負荷したい!
経口減感作してみたい!!

食べられるようになっていてほしい。
他のものはともかく、大豆だけでも解除になったらいいなぁとおもう。

だけど。

焦るな、焦るな。

何も今、こんなに花粉が飛んでいる今、始めなくてもいいことだ。


そう思うんだけど、幸せな春休みが終わって、もうじき始まるコピー生活を前に、やっぱり何か一つでも解除になっていてほしいと思っちゃう。


お医者さんは、「一度かなり過敏な状態になったのだから、数値が下がったからといきなり解除したら、また後戻りする可能性がある」と言っていた。
「せめて後2ヶ月は完全除去で」と。



2ヶ月経ったら、花粉が飛んでた。



ははは~~~~。



まあでも。頑張ろう。
頑張れる。
だって、途中からとは言っても、年少さんでコピーを持たせ続けられたもんね。

4月は途中まで午前保育だし。(おやつは出るけど)
その後すぐゴールデンウィークだし。

頑張れ!ワタクシ!
頑張れ!姫!

今まで頑張ってきたんだから、きっと頑張れる。
頑張って見せる。
頑張ってやるぅぅぅぅぅぅぅ!

出来るよね…(始まる前は、どうしてもちょっと気弱)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うーん。やっぱり、大豆味噌は膝裏にきますかー
うちもね、2月から味噌連続を試して、今のところ続けておりますが、膝裏のかき傷がなかなか治りません。ステ使って抑えても、また夜中に掻く。これって、やっぱり、味噌ですよねー。この程度なら試し続けた方がよいか?やめといた方がよいのか、微妙です。
ま、今は花粉時期ですしねえ。
3月の検査結果もって川崎の主治医に見せたら、あと半年除去継続(乳卵小麦)した方がえーわ、と言われちゃいました。ま、親は除去の方がある意味楽じゃーありますけども。
オフ会、降られなかったみたいで、良かったですね。当日、雨降らないかな?と西の方から心配しておりました。
2008/04/10(Thu) 07:43 | URL  | にゃあ #PJU.RmOY[ 編集]
にゃあさんへ
コメントありがとうございます。

そうですね、大豆関係はどうもひざ裏に来ているように思われます。
大豆は、昨年10月に再除去になったのですが、除去し始めてひざ裏の掻き壊しがなくなりました。

姫、今まで味噌汁嫌いで、作ってもほとんど食べなかったから安心していたのですが、ここ最近味噌の味を気に入ってしまって、出すと完食しちゃうんです。
それでも、以前と比べると症状の出方はずいぶん軽くなりました。

味噌は今、3日続いたら1~2日は空けるようにしています。
本当はもう少し減らしたいのですが、だんなちゃんが味噌大好き人間なので…。

ちなみに私が味噌汁を飲みすぎると、王子の左ひざ裏も赤くなります…。
王子、接触とか乾燥とかそっちの反応のほうが強いのかなと思うこともあるのですが、弱いながらも食物原因も確かにあるなぁ、と見ています。
どこでどう線を引くべきか、いろいろ難しいです。
2008/04/11(Fri) 01:11 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。