アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り返られるほどひどいの?
2008年05月13日 (火) | 編集 |
せっかくよくなってきたのに、また悪化。
一週間ごとに状況が違いますよ、王子君。

さてさて、数値的には全然アレっ子ではない王子君ですが。

ほっぺと目の周りがガサガサの状態でお買い物に行ったところ、知らないおばちゃんに振り返って覗き込まれて

「どうしたのー?これー!!」

と言われてしまいましたよ。


がはは。もう慣れた。


こういうときは、節目がちにして、「悲しみをこらえているような笑顔」を作って

「アレルギーがあって…」

と言います。

たいてい、励まされます。

「大きくなれば治るわよー(←無責任発言)」
「お母さん、がんばってね!(←頑張ってますが、何か?)」
「最近多いみたいだから、大丈夫よ!(←なんだそれ?)」


まあ、通りすがりですから。


こちらは笑顔で、「ありがとうございます~」



こんなこともありました。



最近、とある自然食バイキングのお店で、数回食事をしています。
そこは、アレルゲン表示がありますが、しょうゆのみ使用のものも「小麦使用」の表記があるため、店員さんに一つ一つしょうゆだけのものを教えてもらって食べるんです。

沢山のお皿には、色々なお料理が並んでいます。
でも、我が家が食べられるものはそれほど多くはありません。
から揚げ(しょうゆ・片栗粉)とか、サラダとか、ほうれん草のおひたしとか、肉じゃがが定番で、あとはその時々で季節の煮物やら和え物やらが一、二品あるかないか。

デザート類も洋菓子系は完全NGですが、こんにゃくゼリーやフルーツをいただいていました。

食べられないものが沢山並んでいても、たまにしか出来ない外食ですし、我が家にとっては一大イベント♪
ここに行くときは、目をつぶって王子には肉じゃがのジャガイモやらにんじんを食べさせたり、ベビーフードを持ち込んだりしていましたが…。


この前行ったときはさすがに顔を覚えられていました。
しかも、いつも以上に食べられるメニューが少なくて…。
気にしてくださった店員さんが、店頭に出ていなかった白玉団子をわざわざ持ってきてくださいました。
(姫はもち米OKですので、姫が全部いただきました。)

そのとき、姫に「弟君がアレルギーで大変だね」みたいな事を店員さんが言ったそうです。


店員さんは、姫もアレっ子だとは思っていないような様子でした。


そう思われても仕方ないくらい、王子の肌はガサガサだったんだろうなぁ。
そう思われるくらい、姫の肌はつるつるなんだろうなぁ。


つまり、姫の除去は、うまくいっているんだろう。
そして、王子の除去は、うまくいっていないんだろう。


ほんともう、何が原因なのさ!



昨晩、顔のガサガサのひどさと、体に点在する掻き壊しを見ながら、肌状態が落ちついてから止めていたステロイドを復活させました。

おかげで今朝は少し落ち着いている肌を見ながら、朝からがっつり落ち込んで。


数値に出ない。
けどさ、真っ赤でガサガサの顔を見るとやっぱり王子はアレっ子だと思う。


数値って何さ!
アレルギーって何さ!

何で痒いのさ!
どうしたら止めてあげられるのさ!


出口はどこにあるの?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/13(Tue) 23:28 |   |  #[ 編集]
ほんとよねー、出口。あったら飛び込みたい!
私も通りすがりは面倒が先に立ったので、悲壮な感じで言ってました。
「・・・・アレルギーなんです・・・・(目は下を向く)」みたいな。
結局そのほうが会話が早く終わるんだよね。
最近は、見た目は良くなってきたので、知り合いに「治ったんだね!」と言われるようになって「治ってねーよ!」と突っ込むのに疲れてきました。
年齢的なものが関係あるのかどうなのかわからないけれど、我が家の息子は1歳台はいろいろなものに反応していた気がします。(私もいろいろ試してたし)
まるさんはいろいろ試してアレルゲンを突き止めたり、姫ちゃんのコピー給食作ってて、アレルゲンも違って、自分も除去して、すっごくしっかりやってるよ!
そりゃあ、もう何がなんだかわかんねー!ってなるよ~。んだんだ。

先輩ブログで、軟膏もメーカーによって~が入っていたり入ってなかったり、というのを読んで、そういうこともあるんだなあって思いました。
わかんないけれど、食べ物、飲み物、薬、どこかに原因があるのかもしれないし、ないかもしれないし、お互い気長にやるしかないけれどまーぼちぼちやって行こうね!って全然励ましにもならないけれど何か言いたくなったのでコメント残しておきます!
2008/05/13(Tue) 23:34 | URL  | いくら #-[ 編集]
鍵コメント様
コメントありがとうございます。

すごく沢山の有益な情報をありがとうございました!
明日にでも眼科に連れて行ってみようと思いました!
それはまったくの盲点でした。

私、全然がんばっていません。
食物要因を疑っている割に、日誌つけていません。
春休み前からサボりっぱなし…。
食事の後でほほの赤みが増すことが多いのに…。

環境系も塩分の接触もたぶん影響を受けていると思います。
ダニやら花粉やら…。
でも掃除もがんばれていないし、
ここ最近は布団の掃除機がけもサボってました。

そんなんなので、悪化しても何が原因なのやら…。
それなのに、ブログで愚痴ってばかりで。

励ましていただいて、申し訳ないです。
でも、とても嬉しいです。

鍵コメントさんの知識の豊富さには
いつも驚かされ、そして感動します。
そして、それだけ沢山の知識を得るまでの間に、
どれだけ沢山のご苦労を重ねられたかを思うと、
力づけられ、心底励まされます。

コメントをいただけてとても嬉しかったです。
ありがとうございました。
2008/05/14(Wed) 11:01 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
いくらさんへ
コメントありがとうございます。

ねー!出口があったらそこへ一直線にヘッドスライディングしたいよねー。
そして「通りすがりの好奇心には悲壮げに」で決まりだね。

それと、「治ったんだね」「治ってねーよ!」は姫の方で分かるわかる!
姫はアレルゲン摂らなきゃツルツルなので。
こんなにツルツルなのに何で除去しているの~?と聞かれ、
「困ったような笑顔」で、食べると出てくるから~~と答えながら、
内心では「ほっとけー」と叫ぶ、みたいな。

軟膏、その記事、読んだ!読みました~~~~。
うちはたぶんその辺はお医者さんが分かってくれてると思う。
亜鉛化軟膏で悪化した経験なし。
それ以前に王子は亜鉛化軟膏使ってないなぁ。
良いときは保湿のみ。
悪化すると体は保湿剤とステの混合、顔はリ○メックス。
強いのに、それでもすぐ治るとは行かないのよねぇ。

私、頑張ってないよ。
↑コメントでも書いたけれど、最近布団掃除機サボりっぱだし。
あと日誌もずいぶん長いことサボりっぱだし。
春休み→GWと、気持ちが緩んでおりました。

まあでもさ、いつかは本人の肌も強くなるよね。
ぼちぼちいくよ。
っていうか、いくらさん、会って語り明かしたいねぇ!!!

コメント残してくれて、ありがとう!
とても励まされました!!!
2008/05/14(Wed) 11:18 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。