アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
油が噴出す
2008年07月04日 (金) | 編集 |
姫です。

ここ最近喘息っぽい咳が出たりしてひやひやする事はありましたが、肌の方はずっと調子よく来ていたのです。
が。
つい先日、久しぶりに夜寝かしつけようとしたところ、背中が痒い!と半泣きに。

思い当たるもの。
ありました。

「マヨネーズ」

と言ってももちろん、卵黄使用の物ではありません。
いわゆる、アレルギー対応のマヨネーズです。
でも、主成分は「油」。

以前から、油脂類の摂りすぎで背中のかゆみが増すらしいことは分かっていました。

でも、つい、つい与えてしまったんです。

最近、スティックきゅうりが大好きな姫、毎日のように要求されます。
一応回転を意識して、毎日はあげていませんが、それでも結構頻回に食べていました。
のりを巻いてしょうゆをつけたりして。

でもね、私、子供のころスティックきゅうりにマヨネーズをつけて食べるのが大好きだったんです。
だから、つい、本当につい姫にマヨときゅうりを与えたところ、恐ろしい本数のきゅうりが姫の腹中に納まり、それとともに考えたくないほどの量のマヨネーズ(アレルギー対応品)も…。


痒がる姫の背中を、爪を立てないようにして掻きながら、アレルギーのこと、油分のこと、アレルゲンじゃなくても食べ過ぎると痒くなるものがあることなどを噛み砕いて話しました。
かゆみと戦いながら、姫は神妙に話を聞いていて、やがて寝付きました。


こういう姫の反応を見ていると、姫はいわゆる「アトピー体質」なんだなぁと実感します。


食物アレルギーやダニや花粉などの環境系のアレルギーもありますが、アレルゲンだけを避ければ大丈夫というタイプではないのだなぁと。


そういう姫の姿を見ていると、様々なことが頭を通り過ぎます。

この先、除去解除になったとして、給食を食べさせていいのだろうかとか。
そもそも、除去解除して大丈夫なんだろうかとか。
この先ずっと、油分を含む様々なものと上手に付き合っていくことが出来るだろうかとか。
私が管理しているだけではなく、いずれ姫にそういうものとの付き合い方を伝授していかなければならないけれど、うまく伝えることが出来るだろうかとか。

考えたってそのときにならないと答えなどでないし、姫は姫であって私ではないですから、おのずから私がコントロールできる時期など限られています。
私が何をどう考えようと、そんなこととは関係なく姫は姫の考えでいずれその体質との付き合い方を見つけ、自分で取捨選択をしていくことでしょう。

そうは思っても、今現在はほとんどすべては私の手にゆだねられているわけで、どうやってこれから先を歩んで行ったらいいかを考えはじめると、思考が暴走していきます。
難しいです。

私の疑問、不安、焦り、心配。
その答えは、遠い未来の中にしかなく、そもそも答えなどないのかもしれません。


それでも。


姫の成長は頼もしく、その姿を見ていると、所詮私が何を考えたところで、姫が自分で選ぶものが姫にとっての最善になっていくのだと。
暴走する思考の行き着く先はいつもそこです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今は不安が沢山かもしれませんが
意外と大きくなるにしたがって
何とかなっていきますよ。

大きくなれば、自分である程度セーブできるし
給食があるのは小学・中学まで。
高校生になれば、自分で自分の食べるものは
チョイスすることができる。

こうやって、ちいさいうちから少しずつ
話し合っていけば、そのうち自分で
ある程度調節できるようになるし
(痒い時は少し避けたりして)
体が大きくなると、少し食べられる量も
増えていくので、何とかなっていくよ。

今が一番大変な時かもしれないね。
きっと今まるさんがやっている事
姫ちゃんが大きくなった時に実を結ぶよ。


2008/07/05(Sat) 08:01 | URL  | サトワカ #Ov2NF8Xw[ 編集]
サトワカさんへ
コメントありがとうございます。
なんか、涙が出てしまいました。

>給食があるのは小学・中学まで
>そのうち自分である程度調節できるようになる

目からうろこが落ちました。
でも、そうですよね。
ずっと永遠に給食があるわけではないですものね。
私は先のことを思い悩んでいるつもりで、実は、
今しか見えていなかったんだなと思いました。

また悩んだら、いただいたコメントを何回でも読み返そうと思います。
本当にありがとうございました。
2008/07/06(Sun) 00:28 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
おはようございます。
サトワカさんのコメントを読んで、「そうそう」と
思うことも多く書き込みさせてもらいます。

私の経験からなんですが、
もう少し大きくなって、因果関係など
わかれば、嫌な症状が出る食べ物は
避けるようになるかなぁと思います。
実際、私が自主的にチョコを除去したのは
6歳のときですから。
親に言われたわけでもなく、なぜか自分で
絶対食べないと誓いました。←今は食べてます。
メロンはもっと前から食べてなかったです。
親に口をこじ開けて、食べさせられそうに
なっても、絶対に口を開きませんでした。
お米も、ごはん大嫌いで、いつの間にか
パンばかり食べるようになってました。
結婚前は、朝パンと味噌汁、昼パンか
麺類・たまにご飯とおかず、
夜ご飯なしでおかずだけ食べる、
と言うパターンで食事していました。
食アレと知らなくても、自然に
アレルゲンを避けるようになってましたよ。

まるさんのように、因果関係を
今のうちからお話されているのなら、
ちゃんと、自分のアレルゲンや
体質に合わないものを理解して、
加減して食べられるようになると
思いますよ!
2008/07/07(Mon) 08:57 | URL  | ゆうこりん #0FtB7ubA[ 編集]
ゆうこりんさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

ゆうこりんさんのコメントを拝見して、
小さいころの体験を思い出しました。
私、小さいころ牛乳大好きだったらしく、
一日一リットルとか飲んでいたようなのです。
が、ある日、いつものように牛乳を飲んだところ
とにかく信じられないくらいまずく感じられて、
それ以来牛乳嫌いに鞍替えし、
生クリームも嫌いになってお友達のお誕生日会のケーキも
食べなかった時期がありました。

それが、高校生くらいになって突然自分のなかで
生クリームを解禁したんです。
それまで大嫌いだったのに、突然大好きになって。

あれはなんだったんだろうと思っていたんですが、
小さいころ「軽いアトピー」と言われることが多かったので、
なにか関連があるのかもしれないと今になって思っています。

姫の場合、アレルゲンが好物と重なっており、
抗原性の高いものほど好んでいるので、
食べるのを「我慢している」と思う気持ちが強いんだ思います。
が、それも時を経るごとに色々変わってくるかもしれませんよね。

ついつい先のことを思い悩んでしまうのですが、
いただいたコメントを拝見し、
年齢が上がるごとに本人も変わっていくのだと
改めて思いました。
まずは、「今」に一生懸命向き合っていこうと思いました。

ありがとうございます!
2008/07/09(Wed) 00:37 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
はじめまして
以前から何度か読ませていただいていました。
解除のこと、小学校のこと、同じ気持ちです。
特にうちの上の子は遅延反応なので
本人も私も食べ物との因果関係がつかみにくく、
本当にこれがダメなんだろうかと思うこともあり、
除去すら悩みながらになってしまいます。
小学校の給食も、本人さえ気にしないのなら
食べさせたくないなあとも思います。
あと2年弱でなにがどうかわるかわからないけど、
未来への漠然とした「どうしたらいいか」の気持ち、
わたしもうまく消化できない部分があります。

P.S.リンクさせていただいてもいいでしょうか?
2008/07/10(Thu) 12:25 | URL  | かずみ #-[ 編集]
かずみさんへ
コメントありがとうございます。
以前から読んでくださっていたとのこと、嬉しいです。

遅延だと、食べ物との因果関係は難しいですよね。
「除去すら悩みながら」って、分かります。
本当にダメなのかな、大丈夫なものまで除去していないかなって
考えてしまいますよね。
五大アレルゲンとかならともかく、その他様々となってくると、
セーフな食材まで除去して栄養がいきわたらないのではとか、
悩みも増えてしまいますよね。

小学校給食…難しいですね。
コストをかけられない学校給食は、どうしたって素材に拘るなんて
難しかったりしますものね。

我が家はどうするだろうと考えるとよく分からなくなります。
私も、食べさせたいのかどうかわからなくなります。
でも娘は、みんなとおんなじ給食を食べたいといいます。
もちろん、食べられるようになっていたら、ということですけれど。

本人の気持ちがどうあれ、解除が進んでいなければ持込です。
でも、我慢してればいつかは食べられるようになるよね、と、
ひたむきな目で私を見つめる娘のことを見ていると、
どうするのが一番いいのか、本当に考えてしまいます。

考えても、時がくるまでは答えは出ませんね、
そのときまで、ゆっくり考えながら進んでいきたいと思っています。

リンク、もちろんOKです♪
私もリンクさせてくださいね!
2008/07/10(Thu) 13:23 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
ご無沙汰しておりますーー!!
そちらの夏はどうですか?
先日両親がまるさんの近くまでドライブしてきたそうで、
霧がすごくて山ひとつでまったく気候が違うよね~~、と話していたところでした。

まるさん、姫ちゃんの体調と食事を王子くんがいてもしっかり見ておられてすごいなーー。
我が家、一人っ子のときはそこそこでしたが、
下が生まれてからまったく手間をかけておらず・・・。
アトピーになっちゃいましたよぅ(涙)。
小麦やめても改善せず、ストレスもあるのかもなぁ、とも。
そして下の子、大豆が一番アレルギー強いらしいですー。
そうそう、サトワカさんもおっしゃってますが、給食食べるのは数年なんですよね。
ワタシの友人にも食アレは多くて、
皆それぞれ折り合いをつけてやってたな~~と。
上の子の食アレで思い悩んだときにそんな方々から
「自分のせいだ、と思い悩まないでね。親にそう思われてるのが結構つらかったから。」
と言われて「なるほどなーー」と思ったり。
姫ちゃん、コミュニケーション面もとてもよくできる方に見えるし、
まるさんもしっかり説明なさってそれを理解していますよね。
姫ちゃん、すごいなーー、と我が子のふがいなさというか抜けっぷりにクラクラしております・・・。
園長先生はナンですがうまい方向に転がせる(!?)とよさそうよねーーww。
2008/07/11(Fri) 00:36 | URL  | こむぎこ #8HfAKsDo[ 編集]
お久しぶりです。
うちの長男は小学校から毎日給食で、
もしかしたら、これがNGだったんじゃ?という肌状態になるときとかあるのですが、、
一応、そういうときとかは、今、ちょっと痒そうだから、お菓子は、~~じゃなく、~~にしてもいいかな?
という感じで、長男に一応、聞いたりしています。
「それでも、食べたい!」というときは少ないのですが、
そうやって、目が届かなくなってきても、自分で調節できたらな~という思いもあって。
大人だって、ダメかも。と思うものを食べたくなる時ありますよね。
ダイエット中のお菓子とか(笑)
除去中の子供たちだってそういうときあるかもしれない。
でも、それでもし、悪化したとしても、きっと取り戻せるはず!と思ってます♪
だから、きっと、大丈夫です★
2008/07/11(Fri) 22:39 | URL  | ふわりふわ #-[ 編集]
こむぎこさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなり、ごめんなさい。
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。
いつも読み逃げしちゃってすみません。

大豆、手ごわいですよね。
でも、アレルゲンが特定できると、避けようも出てくるし、
症状は改善してきますよね。
まずは、第一歩ですよね!

ぽちこちゃん、アトピー症状が出てしまったんですね。
姫は以前からアレルギー反応は強くないものの、
アトピー症状は小さいころからあります。
付き合い方が難しいですし、いまだに失敗も多いのですが、
油脂やら塩分やらダニやらなんやら、
その子その子のボーダーラインを見つけて、
うまく付き合っていけたらいいですよね。

姫、コミュニケーションがうまいわけではありません。
単に理屈っぽいんです。
だから、言葉を尽くして説明しないと納得してくれなくて…。
これが、面倒くさいんです~~~~。

私全然ちゃんとなんか見られていません。
日々反省ばかりです。
油分の摂りすぎで症状出させちゃったりしてますし。

でも、母親が「自分のせいで」と悩んでいると、
それが子供にとってストレスになるんですね。
ついつい、私のせいで、と思ってしまいがちなんですけど、
そうだなーと思いました。

誰のせいでもないことも世の中には沢山ありますものね。
2008/07/14(Mon) 01:59 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
ふわりふわさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなり、ごめんなさい。

ふわりふわさんの長男君へのフォロー素敵ですね。
さりげなく話すことが、理解を深めさせていて。

自分の状態を自分で知り、自分自身が判断して、
アレルギーと付き合っていく。
難しいことが沢山あると思いますが、
少しずつでも、ボーダーを自分で見つけられるようになると
いいですよね。

大丈夫です、というふわりふわさんの言葉、心にしみました。
ありがとうございます。
2008/07/14(Mon) 02:07 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。