アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐるぐる回る
2008年08月28日 (木) | 編集 |
休み中の食物との付き合い方。

「負荷」と言えば言えなくもない、「無謀な冒険」と言えば言えなくもないことを何度かした。

姫に。

数値がかなり下がったこと。
肌状態がよかったこと。
昨冬、肌状態の悪化の原因と判断してやめたスイミングに、短期で通ってみて状態がよかったことなどから、小麦と大豆の冒険をしてみた。

私は、細かく記録をつけたりするのが苦手で、今回も、記録はつけていない。
なので、以下は記憶しているものの列挙。
時系列無視。

前提として、検査結果からかかりつけ医に、少しずつ負荷して行こうと指示されていました。
基本的に少量ずつを週3回程度まで。
いわゆる「経口減感作」とは違います。
夏休み前までに醤油は国産大豆・国産小麦・塩というシンプルなものをほぼ毎日、大豆味噌の味噌汁は週4~5回食べていました。

負荷したもの。
<大豆>
納豆 数回
量 ほぼ小さじ1以下 → 小さじ2程度 → 小さじ4程度 → 納豆巻4~9個
試食で、蕨もち(黄な粉つき) 小さいのを1個

症状は、初回が一番気になったかな。
わき腹にざらざらした湿疹がちょっと出ましたが、数日置いて量を減らして再チャレンジしたところ無症状。
その後は量を増やしても特別症状がなく、これを受けての黄な粉チャレンジでした。
黄な粉も無症状でした。びっくり!


<小麦>
coc●sで、パパが頼んだパスタ(姫は小麦不使用の低アレルゲンプレートパスタを注文)を5cm程度
まったく無症状。

いきなり、ベーグル(乳・卵なし)を1cm角くらい→目に付くような症状はないが微妙に痒みが強かった様子。

一週間間を空けて同じくベーグル→今度は無症状かと思ったけど、元々唇の下にあった掻き壊しは悪化したような?


でも、前の年の同じころと比べたら、びっくりするくらい軽い症状で、これなら小麦と大豆は行けるかも!と期待を持ってしまいました。

調子に乗って乳製品も、と思いましたが、さすがにそれはかかりつけ医にとめられました。



ほんとうにね、去年、急激に小麦の反応が強まってしまった時期を考えると、たった1年でここまで戻るなんてびっくりです。

学校給食を考えると、先はまだまだ長いんだけど、少しでも食べられるようになってくれたらいいなぁと思ったりしています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。