アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年長さんスタート
2009年04月19日 (日) | 編集 |
春休みが終わったら、広告が出てました。
というわけで、更新です。

いや、春休みが終わったのはさすがにずいぶん前でしたが、給食が始まるのが明日からなのです。

で、ここ最近の解除の状況など。


<姫>
実は最近、小麦はほぼ解除。何でも食べてます。
肌常態の悪化なども無く、加速度的に量を増やしましたが、問題なし。
現状、一日に食パン(乳・卵なし)2枚くらい。私もびっくり。

それにたいし、大豆は、豆乳・豆腐がなかなか量を増やせず、豆腐1/16丁をなかなか超えられません。
豆乳も、微量なら大丈夫なんですが、量が増えるとアウト。
ちなみに、そのほかの大豆製品も、量を加減し、さらに週に1度程度の摂取なら問題ないものの、量が増えると難しいです。

乳、乳糖は確実に解除。それ以外は今無理して与えず、小麦と大豆を先行させてます。

卵、以前卵黄1/2個まで解除したところからお休みしたまま、今どうなっているのか全く不明。

食物はこんな感じで、結構解除が進んでいます。


環境系に関しては、昨春スギ花粉でかなり目の周りが真っ赤になったのですが、今年は大して症状が出ていません。
喘息系のヒューヒューも、オノンをしっかり飲んでいるせいか落ち着いています。

食物アレルギーは落ち着きつつありますし、肌もだいぶ強くなったなぁと感じているのですが、アトピーであることに変わりないなぁと感じることもあります。

たとえば今も、油分の摂りすぎには注意が必要です。
それから、一度あまりの肌状態の悪化から止めてしまったスイミング、本人の強い希望で復活したのですが、やっぱり入ると1~2日調子を崩します。

対応として、プール後に家に帰ったら即!入浴。
しっかり目に体を洗って(といっても、タオルなどではなく手で洗うんですが)、しっかり保湿。
そして、ざらざらしている部分には早めに弱めのステを塗布して、掻き壊しに移行させない。

ステの塗布は、迷いもありましたが、今のところこれが一番悪化しません。

ん~。
姫のスイミングについて、色々思うところは今度別記事書きます。

というわけで、解除には進展が見られましたが、小麦がOKになってきても、大豆がだめだと、とりあえず給食は持込なわけなのです。
なので、年長さんもコピー生活は続いていきます。


<王子>
小麦、大豆は姫と同じく解除。
食べさせてみて、王子は小麦と大豆はアレルギーが無いようです。
むしろ、米粉の多量摂取のほうが、調子を崩します。
微妙に米アレっぽい感じ。

この記事で書いたベーグル事件で、小麦は量が増えるとだめなのかと思った時期もあったのですが、これ、後に実は乳の誤食であったことがわかりました。
(パン屋さんの仕様変更で、それまで乳抜きだったベーグルに乳が添加されるようになった)

ちなみに↑の一件では、相当へこみました。
このことについては、いつか記事にしよう、と思いつつ、ここまで来た感じ。
そこのパン屋さん、表示が出てるのですが、今まで大丈夫だったからって、そのとき表示見なかったんですよね。
慣れてはだめ、やっぱり毎回表示見ないとなぁ、という基本中の基本、怠ってました。

で、乳はやっぱりだめですし、卵もだめでした。
両方とも、誤食により判明。
年齢があがると誤食が増えますね~(って、それは私の監督不行き届き!)。

魚に関しては、現在トライする気は全く無く、除去を貫いております。
昆布出汁最高♪

そして、環境系。
2歳にして、ばっちりスギの影響を受けてます。
晴れて風の強い日は、外出しなくても目の周りが真っ赤。
手首、首周り、顔、出てるところだけザラザラです。

雨の日は調子よく、これはスギなんだなぁと実感。

12月の血液検査では全くといっていいほど数値に出なかったけど、そろそろ数値にも出てきてくれるかなぁ。


ってな感じで、とりあえず。
今現在の生活では、小麦の摂取が増えました。

とはいえ、まだ何も気にせずどんどんって言うわけではないです。
食物日記とかつけていないずぼらな私ですが、大体一日にこのくらいという量を超えないように算段して与えてはいます。

追記は、現在の解除について思うこと。
ちなみに、あくまで我が家の場合です。
姫、もともとは小麦アレルギーではなかった、と、何度も記事に書いています。
赤ちゃんのときは、卵・乳・大豆アレ。
食べては無かったけど、ピーナッツにも反応がありました。
だから、小麦は赤ちゃんのときはぜんぜん普通に食べさせていました。

その後、乳→大豆→卵の順で解除を進めていき、最初に解除になった乳の過剰摂取へとつながっていったわけですが。

数値が跳ね上がったときに、小麦にもスコアが入りました。
実際、そのときは小麦を摂取すると症状が出ていました。

ですが、数値に出ていなかった大豆でも、反応が出ていたと後になって分かりました。


そして、現在、小麦はある程度食べられるようになったものの、大豆は行ったり来たり、乳も卵もいまひとつ。


あくまで我が家の姫の場合、それも現時点でのことですが。
姫のアレルゲンは、基本的には卵・乳・大豆なのでしょう。
状態が悪くなると、小麦にも反応してしまうのでしょう。

小麦の解除が、早かったことのは、そのせいじゃないかと思っています。


だからといって、小麦には注意が必要ないということではなく、アレルギー体質なのだということをいつも念頭において、なるべく摂取量を調整しながら生活していかないとなぁ、と思っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/20(Mon) 16:27 |   |  #[ 編集]
鍵コメント様
コメントありがとうございます。

そう、安心すると足をすくわれるのがアレルギーですよね。
お気持ち、すごく分かります。
小麦の解除は進んでいますが、母の悲願<大豆>が、なかなか…。

ここ最近、大豆アレに対しての理解が、
以前よりも薄くなってきているような気がします。
小麦アレがそれだけ増えているんでしょうけれど、
大豆もなかなか手ごわいですよね。

私も、ついつい焦ったり無理したりしちゃうのですが、
のんびり進めて行きたいな、と思っています。
2009/04/21(Tue) 09:54 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。