アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤食 杏仁豆腐
2009年05月29日 (金) | 編集 |
大きな反応は起こしませんでしたが。
園の給食で、杏仁豆腐(乳使用)を一切れ食べてしまいました。


症状…遅延で蕁麻疹とザラザラの湿疹のみ。
 ※現在毎日ザジテン・オノン服用中


以下、状況など。
↓の記事にも書きましたが、昨日の園の給食、デザートは「杏仁豆腐」でした。

給食、おかずは持たせていますが、主食(ご飯またはAカットパン)とデザートは出していただいています。
デザートは、普段はフルーツが多いですが、時々杏仁豆腐が出ます。
そういう時、姫やアレルギーの子は別のデザート(桃・みかんなど)を出していただいています。

ですが、杏仁豆腐は以前(解除していた頃)の姫の大好物でした。
前回の杏仁豆腐の日にとてもうらやましかったようで、次は作ってほしいと頼まれていました。
なので、昨日はライスドリーム+砂糖+アガーで自作して持たせました。

ですが、アガーの量を少なくしすぎて崩れてしまい、また園に付くまでにお弁当箱の中で場所がずれてしまったりしていたようです。


担任の先生は崩れた杏仁豆腐を見て、別で届いている姫の分のデザートも出して下さったそうなのですが、それもなぜか杏仁豆腐だったそうで。

つまり、給食業者さんの手違いで、本来姫には「アレルギー用のデザート」が入ってくるはずなのに「非アレのお子さん用のデザート」が入っていたらしいのです。


で。


先生は、姫に、「こっちの杏仁豆腐も食べてみる?」と聞いたそうで。
姫は「じゃあ、ちっちゃいのを一つだけたべてみる」と答えたそうで。


この時点で先生は、給食業者さんの杏仁豆腐が乳使用とは気づいていません。
また、姫も特出すべき症状は何も出ていなかったようです。


でも。


先生はなんとなく不安を感じられたようで、降園時に給食業者さんに問い合わせ、乳使用と分かって即我が家に電話をくださいました。
その時点で姫は園バスに乗って帰宅途中。


電話を受けた時点で、食べてからすでに数時間経っていて、園では何も症状が出ていなかったということから、これは大きな症状は起こさないだろうと思いました。
もしかして、意外と乳もいけちゃったりするようになってるかな?なんて思いがチラリと頭を掠めました。


帰宅してすぐ肌チェック
湿疹なども特に無く、これはいけるかな?と思ったりもしましたが、なんとなく不安もありました。


で、昨日はたまたまスイミングの日で、迷ったのですが、そのままスイミングに連れて行きました。

スイミングが終わって、いつものように即帰宅→入浴→保湿剤塗布。
この時点でも気になるような反応は見当たらず。

その後夕食を済ませ就寝、となって、ここで出ました。
布団に入っても寝付かれない様子で、次第におなか、背中と掻きはじめ、明かりをつけて確認するとザラザラの湿疹に混じって、赤い蕁麻疹もいくつか。
ザラザラは、おなかと背中にかなり広範囲にわたって出ており、足や肩・腕の内側などにもかなり出ていました。

スイミングで肌が荒れるのとは明らかに違って、範囲が広く、かゆみも強そうでしたので、改めてステロイド塗布。

朝になって、登園前に確認したところ、蕁麻疹は減っていましたが、ザラザラはまだずいぶん残っていて、かゆみも強そうでした。



何ですぐ病院に行かなかったのか、とか、何でスイミングなんて連れて行ったのか、とか。
ねぇ。
今なら自分でもそうも思うけど、杏仁豆腐一切れ食べてもつるっとした肌だった姫をみて、あれれ?意外といけちゃうんじゃない?なんて思っちゃったんですよね。

誤食したけど結果的に大丈夫と分かりましたーみたいな、そっちを期待しちゃったのは、たぶん小学校給食が見えてきてるから。
小麦がだいぶいけるようになって、もしかして、とか思っちゃったんです。

数値だってもうずいぶん前から食物は0だし、とか。

数値なんて(うちの場合)当てにならない、と思ってるのに、こういうときばっかり0だしって思ってしまうのはなんでなんでしょうね。


今回の誤食で、担任の先生がずいぶん気にして下さって、何度も謝ってくださいました。
でも、担任の先生は、悪くないと思う。

だって、誤食した杏仁豆腐は、もともと姫用にと用意されたデザートです。
これは本来乳・卵・大豆・小麦抜きのものであるべきです。
その上、今回は私が杏仁豆腐もどきを自作して行ったのです。
出来はともかく、乳抜きでも杏仁豆腐もどきは作れるという、いわば見本を持って行ったようなものです。

先生は当初、給食業者さんも乳抜きの杏仁豆腐を作ったのだろうと思われたようでした。
だから、食べてみる?と聞いてくださったわけで。

っていうか、もし私が自作していかなかったら、もしかしたら誤食もなかったかもしれないけど、姫だけデザート無しになったんだよなぁ。

担任の先生に謝っていただくのは心苦しく、その分、給食業者さんに対しては…。



正直、アレルギーに対する知識や、心構え、アレルギー給食のあり方など、様々なところに問題があるように思えてしまう。


うちの娘は、アレルギー反応を起こしたといっても大したことなく済みました。
でもそれは、あくまで今この年齢まで成長したからであって、もっと低年齢の頃にこのようなことがあったら、どうなっていたか。
また、うちの娘ではなく、もっと劇症反応を起こす可能性のあるお子さんにこのような対応があったらどうなるのか。


姫の反応が軽く済んだからといって、軽く済ませていい問題じゃないとは思います。
でも、実際姫は軽い反応で済んだわけなので、あまり強硬に意見を言うと、まるで私がモンスターペアレントのようになってしまいます。


今朝、園長先生から電話がありました。
給食業者さんのところに出向いてお話してくださるということでした。
私も、姫の症状などをお話しました。


なんだろう。


なんだかとにかく、もやもやもやもやして、堪りません。


大きな反応を起こしたわけでもないし、「杏仁豆腐一切れ」は、まだ食べられないんだって分かったのは結果的には収穫でもあったとも思うのに。



こうやって、乳に反応する姿を見ると、乳が再除去になったのは、母親である私の解除の失敗なんだよなぁと突きつけられるのも、つらいのかな。



今朝から、なんだか落ち込んで、家事もせずにダラダラしてました。
そろそろ、ちゃんとしようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大変でしたね そうなんです
その後の体調は大丈夫ですか?
ひやりとした事が合った事は事実 結果が大事に至らなかっただけ 
私も ぜんぜん違う場面だけどあります
症状がでた時の様子を知らない人から見ると その場で終わる事かもしれない もしかしたらちょっとぐらい大丈夫なのかもって思われたり 次に また同じようなミスが起きたら怖い 
何だかもやっと残るんですよね
 もしもの時を考えると やはりきちんと話しておいてもらうようにする方がいいよね
家も 義母なんかに大げさだって思われてるんだろうけど 息子の安全 安して食べれる事が一番だもの そう思っています
2009/05/31(Sun) 06:40 | URL  | 祐たんママ #-[ 編集]
祐たん寛たんママさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
記事を書き上げた後、どうにもこうにも落ち込んでしまって。
本当に済みませんでした。

お気遣い、ありがとうございます。
その後、蕁麻疹・ザラザラはステロイドを使っても3日ほど引かず、
週明けになってようやく落ち着いてきました。
ですが、微妙にいつもより肌の調子が落ちていて、
アレルギーコップがいっぱいになっているような気がします。

ほんと、色々もやっと残ってしまいますが、
小学校給食とか、今後のことも考えて、
この経験をよい方向へ生かしていきたいという風に、
気持ちを切り替えようとしているところです。

祐たん寛たんママさんが、いつも頑張っていらっしゃる姿、
本当に励まされます。
義理母さんとのことも、毎日のことだから大変だと思います。
でも、祐たんを守り、安心して食べられるものを、
心が豊かになるようにと頑張って作っていらっしゃること、
私も見習っていきたいです。
2009/06/03(Wed) 10:31 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
やっぱり心配です
誤食、大変でしたね。

検査結果は陰性でも、即時にアレルギー反応が出なかったとしても、今回はそうだっただけで、次に何かを誤食してしまったらそんな風に済むかどうかはわかりませんよね。
今回はたまたまラッキーだったのかもしれませんし、やっぱりきちんと園長先生や先生方、調理現場の方々とお話しておいたほうが、のちのちのためにいいように思います。

私もムスコの通う保育園や区役所の人たちと話し合いを重ねていますが、やっぱり食物アレルギーの子どもを持たない人たちは、どんなに説明してもその深刻さがなかなか理解できないのかなー、と最近考えることが多いです。
こちらの言葉が相手の上をうわすべりしているような、もやもやとやり切れない気持ちというのか……。

乳が再除去になったのはまるさんの失敗じゃないですよ。
慎重に進めてきて一旦、解除になったのですから。
まるさんが頑張らなければ解除もなかったのですし、さまざまなことが重なってしまって悲しいと思いますが、そんなに自分を責めないでくださいね。
2009/06/04(Thu) 14:24 | URL  | えららん #-[ 編集]
えららんさんへ
コメントありがとうございます。
お心遣いうれしく思っております。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

誤食、やっぱりなんだか引きずってしまいます。
食べても、大きな症状は出なかったんだから、
ここまで落ち込む必要もないはずなんですけどね。

えららんさんがおっしゃるように、今回はこの程度で済んだけれど、
次もそうとは限らないということもありますし。

えららんさんも、周囲の人との話し合い頑張っていらっしゃるようですね。
やっぱり、なかなか理解してもらうのは難しいですよね。
自分の言葉が上滑りしているような感覚も、
もやもやしてしまう気持ちも、すごくよく分かる気がします。

自分だけではなく、この空の下で同じように頑張っている人がいること、
励まされる思いです。

えららんさんも、どうぞ無理しすぎることなく、
話し合いがうまくいくようモニタ越しに祈っております。
2009/06/06(Sat) 06:27 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。