アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレルギーを霊のいたずらって…
2010年10月29日 (金) | 編集 |
アレっ子母として、もやもやしてしまった話。

先日、喘息を発症してしまったぼーず。
そのために、以前からの約束をキャンセルしないといけなくなり、連絡した相手に言われたこと。

その人が、以前お友達3~4家族とと温泉旅館に泊まりに行ったときのことだそうです。

お友達のお子さん一人が、夜、急に喘息の発作を起こしたそうです。

お子さんは、喘息の既往歴などはなかったのに、初めて起こした急な発作。
突然のことに皆さんびっくりし、急遽予定をキャンセルして救急病院に向かったそうです。

が、旅館を出てしばらくしたら喘息症状は落ち着き、全然なんともなくなってしまった、とのこと。

救急病院の先生も、不思議がっていた、とか。


このとき、一緒にいたお友達(お子さんのご両親ではない)のお一人が、彼女いわく「見える人」だったそうで、これは悪い霊がいたずらしたねーと、言ったとか。


そういうこともあるんだよね、と、言われたわけですよ。

…ここから彼女には言えなかった私の本音(暴言が含まれるかも)が入りますので、折りたたみます。
んなわけあるか!


旅館で、夜就寝した後、と言うことを考えると、急な喘息発作の場合、考えられるのは寝具のダニやホコリによる呼吸症状。
または、普段食べなれないものによる、食物アレルギー症状など。

素人考えではありますが、たぶん、寝具についたハウスダストの吸入による喘息を発症し、布団から出て落ち着いたというのが真相ではないかと思うわけです。


それを、よく知りもしない人が霊の仕業とか感単に言っちゃうって。


ばか?


っていうか、それを喘息発症した息子に意気消沈している私に向かって話すとかって、何考えてるんだろう。
と、思うんだけど…。


たぶん、何も考えていないんだろうなぁ。


その後、そのお子さんは何も症状を起こしていないそうで、そのことについても、あの時のことは悪い霊の仕業なんだと思う、見たいに軽々しくおっしゃるわけです。


そのお子さんが、もし、その後帰宅後も夜になると喘息を起こしたりしていたら、連れて帰っちゃったんだね、とか言うんでしょうか?

苦しんでいる子供と、それを見守る親に、変な先入観を与えたり、変な不安感を与えたりするとは全く思わないんでしょうか?


っていうか、アレルギーを起こさせる霊って!


本当に苦しんでいる人や、その家族に向かって発言するにはあまりに無神経だと思う。




そんなことを思いながらも、その場では、「それは寝具のダニとかじゃないかなー」みたいにソフトに流してしまった。
彼女は「えー!!こわいーー!!」みたいな反応を期待していたらしくて、ちょっと期待はずれの様子だったけど、そんな話に乗れるかよって、心の中でだけ毒づいてみた。


以前の私だったら、もっと色々言葉を尽くして、理解してもらおうとしたかもしれない。
でも、そういう人は理解なんてしてくれない。
めんどくさい人だ、と思われて、終わりなんだと、あきらめている。


正直、こういうことを霊のせいにする感覚は、天使ママとしても許せない。


私は経験ないけれど、アレルギーとか、病気とか、そういうものを抱えている人に、報われない霊が憑いているからだ、みたいなことをいう輩が実際に存在し、そういうことで心霊商法が成り立っちゃっている現実があるから。


原因がよく分からない病気や、治療法が確定していないアレルギーみたいなものを、そういう商売に取り込みやすいのは、どうにかしたいのにどうしていいかわからない人の気持ちに付け込むものだから。


報われない霊っていうのの、代表格によくあげられるのが「おなかの中で死んだ子」だったりするのもよくある話。

おなかの中で亡くなった子を、そういう商売に使われてるかと思うと、天使ママとしては震えるほど腹が立つ。

私の天使君は、おなかの中にいるときも、亡くなってからも、愛されてるし、大切にされてるんだよ!
報われない霊なんかになって誰かに取り憑いたり、病気や災厄をもたらすような子じゃないんだよ!

私の知っている、どこの天使くんだって、天使ちゃんだって、そんなことするわけない。



そういう商売につがながるような話を無責任にあおるような「自称・見える人」は、自分が治らない病気になっちまえ!


と、つい、思っちゃって、そういう風に感じる自分に自己嫌悪を感じて、なんで私がこんな気分にならないといけないのさ!と、さらに腹が立つ。


腹が立つけど、そういう人は絶対に変わらない。

だって、どうせ他人事だから。



本当のことを言うと、この人が悪い人なわけじゃない。
ぼーずのことを心から心配してくれたし、ほかの部分ではとてもいい人なんだ。
彼女の、優しいところも分かるし、霊とか言っちゃうのも天真爛漫さがもたらしてるし。
親切な人だと言うのも知ってる。


だから、余計辛い。


いい人なのに、理解しあえない。


その話をされたことでこちら側が感じるこんな気持ち。
これは、勝手に私の中に生まれるものだから。


天真爛漫に、霊のせいだって言ってのけるからって、彼女が悪い人じゃないから。


分からないって、一種幸せなことなんだよね。


でも、とにかく。


私はたぶん、彼女には必要最低限しか子供のアレルギー話をしないと思う。

そして、天使君のことは絶対に話さないと思う。


逃げると決めたら、前を向いて逃げたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あら知らなかった?「アレルギーの原因は霊だった!」っていう論文がこないだ出たんだよー。
って冗談は置いといて。

霊とか目に見えないもの、科学的に証明出来ないものに原因を押し付ける人って、結局は思考停止願望があるんじゃないかなって思うんです。もっともらしい顔して、何でもそこに丸投げしちゃえ!ってね。それって物事の原因を突き詰める必要のない人、現実と向き合う勇気のない人たちにとってはすごく楽チンな道なんだと思うわ。
話はそれるけど、信仰する宗教のある人たちって幸せだなーって思うことがあります。
> 分からないって、一種幸せなことなんだよね。
そうそう。
真実を知らない、現実を分かっていない、人の気持ちが思いやれない。すごく幸せだと思う。

お疲れさまでした。
弱い部分につけ込まれないように、思慮深く生きたいですね。
2010/10/30(Sat) 10:55 | URL  | yoyo #zeZPDk8w[ 編集]
yoyoさんへ
まあ!そんな論文が!
じゃあ治療は除霊…ってお~い!

yoyoさんのブラックジョークで笑っちゃったら、元気が出ちゃいましたわよ。

>霊とか目に見えないもの、科学的に証明出来ないものに原因を押し付ける人って、結局は思考停止願望があるんじゃないかなって思うんです。

うん、これすごく分かります。
そう言っとけば、なんかそれらしく納まるし、話題として盛り上がるみたいなね。

私、心霊関係は信じない方ですが、見えると言う人をすべて否定するつもりもないです。
見えるという人が、静かに自分の内側にそれを抱えているなら、それはその人にとっての真実になるのでしょうし。

でも、なんというか、霊だの祟りだのを、実際に苦しんでいる病気やアレルギー、そのほか災厄に絡めて騒々しく騒ぎ立てる人っていうのがね。
まさしく、思考停止って感じですよね。

>真実を知らない、現実を分かっていない、人の気持ちが思いやれない。すごく幸せだと思う。

楽で幸せ。ステキだわ。
でも、そうなりたくはないですね。
そういう私も、自分の知らないことに対しては無神経だったりしてるかも知れないですけど…。

こういう全てのことを超越し、イライラもせずに流せる大人になる事ができたらな、と思います。

yoyoさんのコメントに力をいただきました。
ありがとう。
2010/11/01(Mon) 09:24 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。