アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1156回「あなたの節電対策は?」
2011年03月16日 (水) | 編集 |
ご心配くださったかたがた、ありがとうございました。

私もパパも子供たちも無事です。

二人とも元気です。
ぼーずは無邪気ですが、姫は状況がある程度わかっているため、たくさん我慢している様子です。

ライフラインは、電気はおととい戻りました。
水は、いろいろな情報が錯綜し、いつ戻るかわかりませんが。
それでもうちのあたりは高台ということもあり、大きな被害はありません。

日常に色々ありますが、避難所の方を思えば、不満など言えません。
先日までの暗闇生活を思い出せば、今の状況は天国のようです。
余震も、少しずつ治まりつつあるようですが…まだ油断できません。

昨日は静岡でも大きな地震があったようですね。
こちらの被害が大きすぎて、大変な方に手が届かないことになるのが心配です。

宮城でも私のように家にいられる人もいれば、茨城や静岡でも避難所の方もいる。
どうか、大変な人にこそ、救助と支援の手が届きますように。

先日来、停電が収まってからですが、暗くなってから外を見ても、今までとは大きく光景が異なります。
どこの家も、今までのようにあちこちの部屋から明かりが漏れたりはせず、一見、留守宅?と思われるような家ばかりです。
うちもですが、使わない部屋の明かりなんて、もったいなくてつけられません。

電気がつくことが、どんなにありがたいことか。


でも、電気といえば。

東京電力の福島原発の事故、ここにいても恐怖が増します。


確かに、大きな問題だし、このニュースに多くの時間を割く必要もわかります。


でも。

明るい部屋で、沢山のライトを使いながらこの問題を取り上げているマスコミの方々、その東京の電気を、福島の原発は作ってきたということを、どうか忘れないでください。


地震、余震の恐怖の上に、放射能の恐怖にまでおびえるのは、その電気を使っていない私たち東北の人間です。


各局いっせいに、センセーショナルにこの問題を取り上げていらっしゃいますが、全部の局いっせいにではなく、どこかひとつでもいいから、順番に被災地の情報を全国に届けてください。

そして、被災地に、励ましと支援の声を届けてください。

私たちは今、ご近所の方と、励ましあい、支えあって何とか生きています。


励ましの声が届くだけで、今を、今日を、少しでも生きる力がわきます。


たまたま、私は今家にいられて、家族も無事です。
でも、ご近所に、いまだだんなさんと連絡がつかないという方も実際にいるのです。
それでも、そういう方も町内の皆さんと協力して、この状況を乗り切ろうとしていらっしゃるんです。


また、ガソリンのこと。
買いだめに走られている方たちに、どうかお願いです。

我が家もガソリンは残りが1/3程度で、色々な道路で大渋滞していることもあり、動かすのも躊躇して近場を子供の手を引いて、徒歩で歩き回り、何時間も並んで個数制限の上で、なんとか今暮らすために必要な最低限の買い物をしています。

どこのスタンドも手持ちを売り切ったか、緊急車両用に保管することとなり、ごくごく数少ないあいているガソリンスタンドは大行列の大渋滞です。
並んでも買えるかどうかは運しだいなのです。

でも、今ここでガソリンを本当に必要としている人のことを思えば、私はとても並ぶ気にはなれません。


必要としている人。
たとえば、家族が避難所にいるのに引き取りに行きたくてもガソリンがなくていけない人。
余震・停電・断水のために、なけなしのガソリンでお子さんを遠方の親戚に預けて、会いに行きたくてもガソリンがないという人。
ご家族と連絡がつかなくて、最後にいたと思われる場所に探しに行きたいのに…という方。

いっぱいいます。
数え切れないほどです。

そんな人がガソリンの情報を求めてさまよっているのです。

どうか、買いだめに走る方たち、本当に困っている人のことを、ちょっとでいいから考えてください。


節電、節水。

節水といえば、洗面器いっぱいのお湯で、昨日、地震以来初めて髪を洗いました。

シャンプーも、指先に、ほんの一滴落として、あわ立つほどには使わないで。

それでも、さっぱりして、生き返った心地でした。

流した水も違う洗面器に受けて、バケツに移し、そのままトイレのタンクに入れました。

髪を拭いたタオルはレンジで温め、体を拭きました。
お風呂にはまだ入れないけど、本当に気持ちよかった。

たったこれだけで、こんなに違うと思ったら、今まで無駄にした水や電気に心が痛む思いでした。


子供たちも、水や電気のありがたさに気づいたようです。
絶対地震が来るといわれていた地域に住む我が家にはそれなりにストックした飲み水がありました。
だから、今すぐ飲み水に困るわけではありません。

それでも、「お水飲みたい」と言いかけて、私の顔を見て、やっぱりいいと笑う姫に、早く残りの水の量を考えずにたっぷりお水を飲ませてやりたいです。



こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「あなたの節電対策は?」です。東北地方太平洋沖地震によって被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。 水谷も、できる限りの節電対策を行おうと思いしばらく寒い日が続きましたが、自宅では暖房を控えました。照明も無駄に使わないように心がけています。節電に関しては、震災の時だけではなくこれからも続けていけたら良いのではないかと水谷は考...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの節電対策は?」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
電気
電気が復旧したのですね。本当に良かった。
こちらではやく一日の停電で済みましたが、電気がつくことのありがたみを本当に感じました。
水はこちらもまだ、順次復旧中。我が家はまだです。
市内もまだ3~4割の復旧のようで、根気強く待つしかないです。
水も、大事に大事に使えば、こんなに節約できるんだなぁ、とひしひしと感じます。
もちろん、トイレをはじめとし、キッチン、洗面所も衛生的にはかなり悪くなっていますが、それでも歯を磨く水がある、ため洗いでも、手を洗うことができる、ということに感謝です。

近況を書いて下さってありがとうございます。
安心しました。
2011/03/17(Thu) 11:38 | URL  | むう #-[ 編集]
むうさんへ
コメントありがとうございます。
そちらは、またこちらとは違う不安があることと思います。
分かる、と、簡単にはいえませんが、お気持ちに少しでも寄り添わせていただければ、と思います。
怖いけど、怖くてたまらなくても、不眠不休で現地で働いている方たちを思うと、何もいえなくなりますよね。

そちらにコメントを、とも思って少し覗かせていただきましたが、まとまったことを言えるような状況になくて。
ヒステリックなコメントになりそうで、自重していました。

今日も日常の買い物のために雪の振る中、3時間ほども並び、わずかな買い物をしてきました。

こちらのスーパー、地震の次の日から販売があります。
地震で電灯などのガラスをかぶったり、スプリンクラーが作動し在庫のほとんどが水をかぶったりしたらしいです。
それでも何とか使えそうなものを職員さんがより分けて、一人でも多くの人にと個数制限で販売してくださっていました。
頭が下がります。

ほしいものが何でも手に入る訳ではありませんが、なんとか少しでもいいから食べられるものが手に入れば…それで生き延びられる。

みんな、文句言ったりしません。

略奪など、一切なくて。
あいていないお店があると、覗き込む人もいますが、いつ買えるかねと、あこがれるように見るくらいで。

だって、お店の店員さんだって被災者です。
みんなが、今できることを必死で頑張ってくださっているので、文句など言えない。

ご近所でも、足りないものを融通しあい、情報を分け合っています。

関東で買占めがあるようですね。
地震の悲惨な情報や、原発の放射能の不安をテレビで煽り立てられる関東の方も、不安があるんだろうと思うので、その気持ちも全く分からないわけではありません。

だからこそ、マスコミの方には冷静な報道をお願いしたいと、それだけは説に思います。
いたずらに、恐怖を垂れ流したところで…。

電気を水をガスを、被災地に届けようと、日夜動いているインフラ関係の人も、余震の続く瓦礫の中でレスキューの人も。
みんなが頑張っているのだから。

こんなところでそんなことを言ったところで誰に届くわけでもないとは思いつつ、言わずにはいられない心情でいます。
2011/03/17(Thu) 18:29 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
ブログUPありがとうございます。
どちらにおすまいだったか・・・と毎日覗かせていただいていました。
ライフラインも、寒さも厳しいことと思いますが、
ご無事と聞いてほっとしました。
2011/03/17(Thu) 23:05 | URL  | こむぎこ #8HfAKsDo[ 編集]
こむぎこさんへ
コメントありがとうございます。
うちのあたりは、山に近いので、住むところの不安は少なくて済みました。

ライフライン、水はどうやらまだまだかかりそうです。
もう通ったところもあるようですが、地域差があるのは仕方ないですね。

寒さ…。
停電地域は激しいことと思います。
でも、電化住宅にいる私は、今のところ大丈夫です。
暖かくいられることが、申し訳なくて、せめてもと節電に努めています。

ご心配、ありがとうございました。
2011/03/18(Fri) 18:39 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
まるちゃん。心配していました。
塩釜多賀城をテリトリーに暮らしていた私としては、現場の状況を想像しただけで、疲れきってしまう毎日です。そんな気分になっている場合じゃない!と思って、日々の生活の中で、今回の災害のためにできることをし、そして、周りの人のために少しでもできること、今までできなかったけど、ちょっとがんばればできることをしたい、そうやって少しは社会を強く温かくする方向に動くことが、被災地から遠い(のです)私にできることじゃないか、と思ってすごしています。
アレルギーの子どもを抱えた家族の不安感はとんでもないものだと思う。ものすごい緊張感だと思います。店の列に並んだって、持っている気持ちは違うものなんじゃないかと思う。本当に良くがんばってる!
緊張が疲れに変わって、不安定になってくるのはこれからの時期だと聞いています。
母はがんばらねばならない!のだけど、どこかでまるちゃんが心を癒される瞬間がありますように。
日本海側にある鶴岡でも緊急避難所ができました(宮城・岩手・福島から避難して来られる方用です)。万が一、アレルギーの方がいらしたら、うちで対応できる旨を、これから伝えてこようと思います。
2011/03/19(Sat) 08:40 | URL  | タケ #WJLXaiBc[ 編集]
タケさんへ
コメントありがとうございます。

食べられないものもありますが、我が家は、豆類・小麦が解除になっていましたから、それなりに食べるものには困りませんでした。

豆缶を見つけるたびに制限個数分買ったので、たんぱく質も取れています。
心配した豆の摂り過ぎによる肌状態の悪化も、さほどではなくて。

それよりは、お風呂に入れてやれないことによると思われるぼーずの肌の悪化が問題ですが。
お湯で体を拭いて、手持ちの薬を塗ってなんとかしてます。

子供たちがある程度成長し、肌も食アレもそれなりに落ち着いたからこそ、この状況でも何とかなっていると思います。

今、小さなアレっ子さんがいるおうちでは、きっと我が家よりもっと不安が大きいと思います。

緊張が疲れに変わる…よく分かります。
震災から今まで、徒歩で歩き回り、水を求めて走り回りしてました。
手足が重く、疲れてきてるなぁと思います。

でも、私、結構ずぼらですから。
少しずつ、力を抜いていこうと思います。

避難所の方を思うと、そんなことを言うのは申し訳なく思われたりもします。

でも、みんなで倒れることはできない!
休める人が休むのも、今すべきことだ!!
と、自分に言い聞かせています。

タケさんも、頑張りすぎず、心を休める時間をとって下さいね。
2011/03/20(Sun) 10:31 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。