アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節水時の入浴
2011年03月23日 (水) | 編集 |
ここの所落ち着いていた余震、昨夜から結構強めに来てる気がします。
みなさままだまだご注意ください。

緊急地震速報に慣れてしまうこと、震度3くらいならあわてなくなっちゃったと言う人、それは危険だそうです。
震度6強クラスの余震の危険は、消えたわけではないのだと、テレビでも繰り返し伝えてます。

あの地震に耐えられたんだから、と言う油断、自分にもあります。
でも、状況が違えば、違う危険が潜んでいます。
危険回避の心、今だからこそ忘れないで行きたいものだと思います。


さて、下の記事はとりあえず保留。
書く余裕がない、というのもあります。
それよりもっと伝えたいことがあると言うのも。

だらだら個人ブログです。
待ってる方もいないとは思うけど、一応ご容赦を。


さて。

アレっ子・アトピっ子。
入浴できないと、肌状態がかなり悪化します。

このあたりは水が出ないまま、既に10日以上。

ぼーずはなんどかあちこちにひどい掻き壊しを作りました。
手持ちの薬で何とか乗り切りつつありますが、やはり入浴は必要です。

我が家は震災後3日半ほどで電気は戻りました。
電化住宅なので、水さえ出れば、と思うのですが、どうやら今月中は無理の様子です。

また、別記事を上げますが、宮城県の下水処理場は津波で壊滅状態だそうです。
こちらで水が出るようになったとして、それをそのまま流しては、下流(海沿い)の地域でマンホールから下水があふれ出すなどの被害が出る可能性があるとか。

水は、出るようになっても、流し方に注意が必要なことには変わりありません。
また、節水も必要なことに変わりなく。

というわけで、前置きが長くなりましたが、節水のお風呂の入り方。

ちなみにこれは、お湯を沸かすことができる環境の方向けになります。
ガスボンベが手に入りにくい状況で、これを読む方もいらっしゃるかと思います。
ごめんなさい。

前置きだけで長くなりましたので、折りたたみます。

お湯は、ペットボトルで3本ほど必要です。
といっても、沸騰させる必要はなく、人肌よりちょっと熱い?位に沸かしていただければいいと思います。

ペットボトル2本にお湯を詰めます。

残りの1本分は、大き目のバケツなどにためておいてください。
バケツがなければ、小さめの衣装ケースなどに入れてもいいと思います。


お湯を詰めるペットボトルは、ふたにあらかじめキリなどで穴をいくつか開けておいてください。
これで簡易シャワーができます。

この簡易シャワーで体を軽くぬらし、石鹸で体を洗っていきます。
子供の体を洗うだけなら、ペットボトル1本でも足りるかと思いますが、長い髪の女の子などをシャンプーする場合は2本全部必要かも。
この辺は、それぞれのお子さんによって変わると思います。

最後に、衣装ケースなりバケツなりにお子さんをしゃがませてあげると、それだけで大分すっきりすると思います。

水の余裕がないときは、石鹸を使わずに、衣装ケースにしゃがんだ状態で、簡易シャワーで「かけ湯」してガーゼタオルや柔らかめの布等でそっとこすってあげるだけでも、違うと思います。

お風呂場が寒い方。
もし、レジャーシートなどがあれば、リビングなどにレジャーシートを敷いて衣装ケースなどを置き、石鹸を使わない方式で流してあげるなどもありです。

残ったお湯は、大人が浴びてもいいけれど、さめてしまうと風邪の原因。
トイレのタンクにイン!しちゃうのも手だと思います。

ちなみに、ペットボトルに穴を開けるのは、お風呂以外にも使えます。

我が家は、洗面所と台所にも穴を開けたペットボトルを置いています。
お風呂用は穴の数を円形状に多めにあけてありますが、洗面所用は十字状に4つだけ、台所用は1つです。

大きさも、お風呂用は2リットルペットボトルですが、洗面所用・台所用は500ミリのペットボトル。
もしあれば、「いろはす」などの柔らかめペットボトルだと、子供でも扱いやすそうです。

台所用は、食器洗いの仕上げ流し、野菜洗いなどに使ってます。

シンクも、水を流す量が少ないので汚れやすいのですが、シンクを洗うときは、お風呂用のペットボトルを使って流すなど、用途に合わせて使いまわしています。

そろそろ、開いているスーパー銭湯も出てきています。
でも、行列の上で整理券をもらって入れるかどうかと言うところらしく。
給水を組みに行くのも大変だし、節水には励まないといけないけれど、ガソリンが心もとなく、寒さの続く今、とてもスーパー銭湯まではいけない。
とはいえ、お風呂に入らないで月末までは持たない。

そんな人たちに、少しでもこの方法が役に立てばと思い(見てる人がいるかわかんないけど)、記事にしてみました。

もし、誰かのお役に立ったら、こんな嬉しいことはありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。