アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜の季節
2011年05月09日 (月) | 編集 |
4月。
天使君の誕生日の季節。



今年は、バタバタと過ぎて、桜の下を歩いても、心が落ち着かなくて。

それでも、やっぱり、天使君の誕生日に何かお祝いをしたくて。


天使君が、空に帰ってしまったと言われたあの日。

毎年、心がざわざわして落ち着かなかったのに、今年は、その日を普通に通り過ぎた。

思い出さなかった。


天使君の誕生日のことは、忘れないけど、あの宣告の日を立ち止まらずに通り過ぎたのは、やっぱり地震のせいかな。


それが、良かったとか悪かったとかじゃなくて、単に、そういう事実として。


それだけ、天使君がお空に行ってから、時間が経った。

それだけ、震災の状況が非日常的だ。


なんて、理由をこじつけたって、それは私の心の中だけのことだから。

理由に、意味はないから。



誕生日の夜は、平日で、パパは早く帰ってこられなかったから。


今年は、週末にお誕生日をしようと思ってた。


いつものように、ちらしずし作って、食べようって。


9歳のお誕生日。


想像がつかないけど、9歳。


生きている9歳の男の子って、どのくらい?

もう身長は相当高いんだろうなぁ。

もし天使君が生きてたら、今家にあるおもちゃも、洋服も、きっと今とはぜんぜん違うんだろうなぁ。
見るテレビ番組も、きっと色々違うんだろうなぁ。

ぼーずとはどんな風に遊んだだろう。
姫とはきっと、けんかもしたんだろうなぁ。


でも、私の心の中にいる9歳の天使君は、今でもあのかわいい赤ちゃんの姿。

だけど、心は9歳に成長してて、時々私はしかられる。


ママ、もうちょっとちゃんとしなさいって。

心の中に声がするような気持ちになる。


声なんて、聞いたことがないのにね。




ごめんね。


今年は、結局ちらしずしは作らなくて、代わりに、近くのファミレスでご飯を食べた。


手抜きママ。

でも、9歳の君がここにいたら、ファミレスの方がうれしいかな?

それとも、やっぱり手抜きーってむくれるかな?

姫なら、ファミレスは絶対怒る。
ぼーずなら、ファミレスって聞いたら大喜びする。


天使君の反応は、全く想像がつかないけど、今年は、色々、ごめんなさい。


桜も見た。
庭の花も、咲いてる。


もう5月。


だけど、ママは今年、3月のあの日から心が立ち止まったままだったから、4月がなかったような気がするよ。
気づけば突然5月になっていて、あわあわと、落ち着かないよ。

ごめんね、今年はまだ、パパとケーキも食べてない。

いつもは、パパと二人でケーキを食べる誕生日だったのに、そんなことも忘れてた。


落ち着かなきゃと思うけど、もうちょっと時間を頂戴ね。

いつも、天使君に甘えるママで、ほんとにごめん。



天使君、今年も、一緒に過ごしましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。