アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よいこになあれ・・・姫の食アレ(3)
2007年09月15日 (土) | 編集 |
我が家が激変したもの。最初に出会ったのはキューピーのベビーフード「よいこになあれ」でした。

ちょうど、姫を連れて初めて帰省したときのことでした。
私とパパは同郷ですが、当時は地元を離れて新幹線で2時間ほどのところに住んでいました。
それまでは小さすぎるからとか、寒い時期だからとか、アレルギーが分かったばかりだからと避けていた帰省。

姫が9ヶ月になったGWに初めてつれて帰ることにしました。
休みの前に5日ほど私の実家にいて、休みは始まったらパパが追っかけてきてパパの実家に5日…。

パパの実家には、ちょうど義妹一家も来ることになっていました。
義妹家には、姫と2週間違いのいとこがいます。
ノンアレっ子でしたので、正直不安がたくさんありました。

10日分のオムツ・ベビー服・おもちゃ、その他もろもろと、申し訳程度の大人の荷物。
それでも、引っ越すのか?というくらいたくさんの荷物になりました。
もちろん、移動中の離乳食は小さなタッパーにつめて出かけました。

人見知り・場所見知りの激しかった姫は、このタッパー入りの離乳食が嫌いでした。
タッパー入りの離乳食 = 知らない場所に行くこと
という法則が姫の中にできていたのだと思います。
もともと、離乳食より母乳大好きだった姫、新幹線の中でどうなるかと思いましたが、心配の必要もなく、移動中はずっと寝ていました。

そして、実家に。
実母には、アレルギーのことは逐一話してありましたし、増員したのは私と姫だけ。
わがままも聞いてもらいましたし、食事もずいぶん気を使ってもらいました。
姫の離乳食だけは私が全て作りましたが、実家の勝手知ったる台所です。思うさま荒らして使わせてもらいました。

でも、パパの実家では…。
増員しているのは私と姫、パパの他に、義妹・義弟・姪っ子。
義妹は気が利いて心の優しいひとです。義母も本当に気遣いの人です。
それでも、アレルギーのこと、除去のことを分かってもらうのは、本当に難しかったです。
夕食に豆腐のお味噌汁が出たり、朝は納豆が出たり、食べられるものがご飯とサラダだけだったときもありました。

そして離乳食。
たいていは交代で2人分作りましたが、たまにうちだけで外出して戻ったりしたとき、姪っ子は卵焼きを食べていたこともありましたし、時間がないから、これにしちゃったと、姪っ子がベビーフードを食べていたことも。
その脇で、台所を借りて出汁をとり、ジャガイモやブロッコリを煮たりしながら、なんだか切なかったことを思い出します。

帰る日が近づいて、新幹線の中で食べる離乳食、どうしようかなと思っていたとき、何の気なしに立ち寄った地元のヨー○ドーで、「よいこになあれ」を見つけました。

ビンに、アレルゲン25品目除去の文字を見たとき、涙で前が見えなくなりました。

離乳食を作ることが大変だったわけではありません。

でも、自分が作る食べ物が姫の健康を左右し、自分が食べるものが姫の肌状態を左右し、いつも、何を食べたら良いのか、どうしたら良いのか迷いに迷っていたあの頃。
帰省中で、いつもの台所ではないところで調理することや、姫とほとんど同じときに生まれて、何でも食べられる姪っ子を見続けていたストレスが、「よいこになあれ」のビンを見たときに爆発したのだと思います。

私が、もし今死んじゃっても、姫が食べられるものがある。

そう思ったら、お店でベビーフードーのビンを握り締めて、ぽろぽろ、ぽろぽろ、涙がこぼれました。

店頭にあった3種類ほどの「よいこになあれ」を、2~3個ずつ買って、「こんなのあったんだよ」と、パパに見せました。
帰りの新幹線で食べさせよう、みんなでどこかに行くことになっても、これがあれば大丈夫。

取り留めなく色々なことを思いながら、ものすごく嬉しかったのを、今でもはっきりと覚えています。


姫の食アレ4へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして。3歳のアレっ子を育てるyoyoと申します。
どこから飛んできたのか忘れてしまいましたが、やっとゆっくり拝見する時間ができて
最初から読ませていただいています。

こんな細かいお気持ちをよく思い出しながら書かれましたね。
帰省私も大変でした(今も大変ですが)。
我が家も夫婦同郷で、離乳食の間は自分の実家で大量に作ったものを冷凍して義実家へ持参していました。
なかなかキッチンも勝手には使えないし、出て来たものをいちいち「何入ってますか?」とも聞けないし。

この記録、いつかなつかしく振り返られる日が来るといいですね。
これからよろしくお願いいたします。
2007/09/29(Sat) 00:48 | URL  | yoyo #1SorPHcg[ 編集]
yoyoさんへ
コメントありがとうございます。
でも、yoyoさんのサイト、こっそりずっと読ませていただいていました。
タロウ君の小麦負荷記録や、タロウ君にアレルギーがあってにぃにぃにアレルギーがないことへの思い…。
読ませていただいて、胸がいっぱいでした。

今度、yoyoさんのサイトにもコメントさせて下さいね。
本当に励まされてきたんです!!

この、よいこになあれの時のこと、ずっと忘れられない出来事だったんです。
今は両方の実家のちょうど真ん中くらいのところに引っ越してきたんですね。
だから「帰省で大変」ってことがなくなった分、忘れがたい思い出なのかもしれません。

でも、近くても義実家では「姫ちゃんの食べられるもの持って来い。何もないとかわいそうだから」とか毎回言われちゃったりで。
色々ありますよね。
私が義実家の台所で全員分の豪華除去食を作っちゃえばいいのかなーとか思ったりもします。←実力不足です。
2007/09/29(Sat) 22:32 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。