アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嬉しい報告♪
2007年10月30日 (火) | 編集 |
昨日、とても嬉しい電話がありました。
お友達の、妊娠報告。

年中さんの男の子のママで、いつも色々相談に乗ってくれる、頼れる優しい人です。

年中さんの男の子、N君は、天使君と同学年です。

N君がまだ赤ちゃんの頃、N君ママとは同じアパートに住んでいました。
もし、天使君が生きて生まれていたら、きっといっぱい遊んでもらったことと思います。

同じアパートに、元気に生まれてきた赤ちゃん。
しかも天使君の予定日と、N君の誕生日は1ヶ月しか違いませんでした。

当時、引っ越してきてすぐに妊娠し、つわりの時期を越えたら冬で、ご近所づきあいのようなものはほとんどありませんでした。
ようやく暖かくなってきた頃、天使君はお空に行ってしまい、それからは妊娠を知っていた人とお話しするのが辛くて、ご近所の人に会わないように会わないように暮らしていました。

特に会いたくなかったのがN君ママです。
話したこともなかったけど、天使君とほとんど同時期に生まれたN君を見るのが辛かった。

出かけるときも、外に人がいないときを見計らって家を出ましたし、買い物に行かないと行けなくてもママや子供が外にいれば暗くなるまで待ちました。

そうこうするうちに、姫がおなかに来てくれて。

でも、姫がおなかに来てくれてからの方が、精神状態はぐちゃぐちゃでした。

また同じことが起きたら?と言う不安。

どうしておなかにいるのは天使君じゃないんだろう?と言う疑問。

妊娠したことを喜んだりなんていう余裕はなくて、不眠にはなるし体調はよくないし、頭がぐるぐるしていました。

そんな中、アパートの掃除当番が回ってきました。
掃除当番は、2家族が週の前半後半に分かれて敷地の外回りを清掃するのですが、前半にするか後半にするかは、相談して決めるのが慣例でした。
いつもはただ用件のみを話して終わらせていたのですが、そのときは一緒に掃除をした方が、お茶に誘ってくれました。
そこのおうちにはお子さんはいなくて、なにかふと気持ちが動いて、お誘いを受けたのです。

では明日の午後に、と言うことになり、お邪魔すると、そこには同じアパートの奥様が4~5人いて、N君ママもいました。

帰りたい…と思いましたが、そんなこと出来るわけもなく、お邪魔しました。

その場で雑談していたときに、N君ママに「まる(仮名)さん、こうやってお話しするの初めてだね。前見たとき、おなか大きかったけど」
と切り出され。

なんて事聞くんだ、と正直思いました。ひどいとも。

「…死産しましたから」

固い声だったと思います。

そしたら。

「うん、分かるよ、辛かったね。私もね、この子の前に流産しててね。その後もなかなか出来なくて、4年不妊治療して授かったんだよ。だからね、きっといつかまるさんのところにも赤ちゃん来るからね。信じて待とうね。」

あったかい声でした。涙がボロボロッとこぼれてきました。

「そうだったんですか?私知らなくて。」涙声でした。

「うんうん、いいよー。私もね、いつか言いたい、いつか言おうって思っていたけど、まるさんが人に会えるようになるまでは待っていようってね、思っていたの。私に会うの、嫌だったんじゃない?この子に会うのも。ごめんね。」

本当に優しくて。嬉しかったです。そして、その場で姫の妊娠を報告したら、N君のママだけじゃなくて、その場にいた全員が泣いて喜んでくれました。

私が人を避けていたのも、精神的に参っていたのも、みんなが分かっていたようで、でもどうやって声を書けたら良いか分からずにいたと言われ。

このとき、N君を抱っこさせてもらいました。
大きくて、重くて、天使君とは全然違って。
でも辛くなかった。

今でも、天使君と同学年の男の子って時々辛いことがあるのですが、N君だけは小さな赤ちゃんのときから抱っこしたりしても辛くありません。


いつも思うのですが、私は、天使君のことがあった後、人との出会いに恵まれていました。
その後出産するまでの間にも、切迫で入院したり色々あったのですが、このときもN君のママが救急車を呼んでくれたり、すごく支えてくれたのです。

その後姫が生まれると同時期に、アパートの人たちがほぼいっせいに転勤などで入れ替わってしまい、私も引越しをしたりしましたが、N君ママとは今でも連絡を取り続けていました。

N君のママが、N君に兄弟をと思っていることも、いつも頑張っていることも知っていました。
どんな報告も明るい声でしてくれるN君ママでした。

昨日、突然携帯がなりました。メールでした。

文章から声が聞こえてくるような、いつものN君ママの口調そのままの文面にN君に弟が生まれる予定との言葉が。

嬉しくて、メールの返信を打つのももどかして、すぐ電話をかけてしまいました。
電話口の向こうで、いつもと変わらない元気な声。
安定期に入ったと教えてもらって、また涙が出てきました。


N君ママ、いつも元気を、ありがとうございます。
N君の弟君が元気に生まれる日まで、お体を大切に、頑張らないように頑張ってくださいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
モモ
電車で読んでて泣いちゃいましたよ。恥ずかしい…。お友達が無事に出産されることをお祈りします。
↓ビストロ君、我が家では設置スペースが足りず断念。羨ましいです!
2007/10/30(Tue) 17:42 | URL  |  #d0CUkFV2[ 編集]
初めて携帯からコメントしたら、名前と題名欄間違えました~。すみません。
2007/10/30(Tue) 17:45 | URL  | モモ #d0CUkFV2[ 編集]
きっと
お相手のママさんも、いつもまるさんから元気をもらっていると思いますよ☆ 他の周りの方々も。
天使君のこと、天使君にまつわることを書かれる時のまるさんの文章っていつもとても素敵です。
余計なものや飾ったことがなくて、シンプルに心を打たれます。
2007/10/30(Tue) 22:49 | URL  | yoyo #1SorPHcg[ 編集]
私も泣いちゃった。つい先日、近藤真彦さんちのご出産で泣いたばかりなのに(14年治療+流産何度かですって)。
いろんな感情を超えて、お互い勇気ある対面を果たし、今こうして大切な友達として付き合っていけること、こんなに重みのある友情ってないですよ。N君ママ、私も応援してます(見ず知らずですが・・・テヘ)。

そしてyoyoさんの指摘にも同感!すごくまっすぐ伝わってきて、スーッと引き込まれてしまいます。
2007/10/30(Tue) 23:19 | URL  | コフ #z6DrvHlY[ 編集]
モモさんへ
コメントありがとうございます。

電車で泣かせてしまいましたか…ごめんなさい。
それから、タイトルに輝く「モモ」の字に思わず笑っちゃいました。
いつも冷静な印象のモモさんなのに~~。
2007/10/31(Wed) 10:08 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
yoyoさんへ
コメントありがとうございます。

私が元気を与えられているかどうかは、ものすごく不明ですが、N君ママはみんなに元気と笑顔を振りまくパワフルな人です。
同姓としてあこがれると言うか、こういう人になりたいと言うか。

天使君話、シンプルに書けてるって言って頂けて、なんだかすごく嬉しいです。
省きすぎて分かりにくいかな?とか、感情に流れすぎかな?とか、自分ではなかなか思うようには書けてないのですが…。
拙い記事を読んでいただいて、嬉しいです。
2007/10/31(Wed) 10:20 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コフさんへ
コメントありがとうございます。

近藤真彦さんって、そうだったんですか。
14年…。すごい。流産何度かって、きついですよね。
でもきっと、素敵な子育てをされることでしょうね。
後に続く人に、勇気を与えてくれるような。

N君の弟君にモモさんやyoyoさんやコフさんの応援、きっと届いていると信じます。
ありがとうございます。
2007/10/31(Wed) 10:26 | URL  | まる #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。