アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使くんと年賀状 1
2007年11月15日 (木) | 編集 |
ハロウィンが終わり、気の早いクリスマスの飾り付けが街に現れ、風が冷たくなり、落ち葉が足に絡むこの季節になると。

天使ママはある問題にぶつかって、頭を悩ませますよね。

年賀状。

送る方ももらう方も、親しさもあり、喜びもあり、義理もあり、面倒もあり、でも大切にしたい日本の風習で、郵便局さんが頑張る年賀状。
最近は、メール賀状も一般化されてるとは聞きますが。

独身の方はいざ知らず。

家族もちともなると、かわいいわが子の写真、どれを選ぼうか?と迷い、特にNEW BABYのやってきた家族にとっては一大イベント♪の影で。

今年天使ママになった人たち、悩んでいませんか?

喪中はがきにするか。
年賀状が来た人にだけ寒中見舞いを送るか。

クリスマスカードに、事情を書いて年賀欠礼の挨拶にする、というのもありですよね。

うちの場合は?

最初、私は年賀状を出そうかな、って思っていました。
「天使くんが生まれました」って書いて。

私にとっては大切な天使くん。
生きている子を祝うように、大切な天使くんのことを多くの人に知ってもらいたかった。

でも、それを誰に話しても「…うーん。」と、考え込まれてしまいます。

やっぱりそうなのかな…。
そうだよね…。
それが常識だよね。

よその人にとっては、おめでたい新年になんてことを!と思われるようなこと。

天使くんは戸籍にも載らない。
私のおなかの中だけでしか生きられなかったけど、確かにそこに命はあったのに。
だれにも喜んでもらえない。


そう思ったとき、すごく落ち込みました。



結局、親しい友人には、電話やクリスマスカードで連絡し、義理の付き合いになってきていた友人には、誰が亡くなったのかは伏せた喪中欠礼葉書を作って送りました。
それっきり、義理の付き合いになってきていた友人とは連絡を取っておらず、今は音信不通です。

が、主人の人間関係には、全く普通に賀状を出しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。