アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使くんと年賀状 3
2007年11月15日 (木) | 編集 |
元旦。

賀状がポストに届いたとき、私はまだ寝ていました。
主人には、私宛には来ないと思うから、賀状の分類は自分でしてほしいこと、私に賀状は見せないでほしいことを頼んでいました。

主人は私が寝ているうちに、賀状を仕分けしてくれたようです。
それでもダイレクトメールの賀状などは私宛にも届いていましたが、内容も良く見ないでゴミ箱に突っ込んだのを覚えています。

このときの年賀状を、私は今でもほとんど見ていません。


なぜ、年賀状を見たくなかったのか。

他の方の妊娠出産を喜べなかったわけではありません。
ただ、あるお宅からの年賀状を見ることだけがどうしても怖かったのです。

以下かなり暗い内容になります。
パパの友人に、その年お子さんが生まれたお友達が何人かいました。
それはべつに、気になりませんでした。

うらやましくないと言ったらうそになります。
なんで、天使くんはいなくなってしまったのか。どうしてうちの子だけ…という思いは常にありました。
でも、よその子をうらやんだところで、それは天使くんではないのです。

だからと言って賀状で「生まれました」「家族が増えました」というのを見たいとも思いませんでしたけれど。

でもあるご家庭からの年賀状だけは、どうしても見たくありませんでした。


そのお子さんは、天使くんとほぼ同時期の予定日で、2~3週くらいうちが早い程度でした。

そのお宅のパパと、うちのパパはかなり親しく、どちらも地元から離れたところに住んでいるのですが、帰省するたびにもう一人の独身のお友達も呼んで飲み会をするのが定番でした。
結婚もほぼ同時期で、「次は奥さんも連れて飲もう」と言っているうちに両方とも妊娠。
結局、私もあちらの奥様も飲み会には参加しないままでした。

天使くんがお空に帰ってしまった後。
私たちはそのことを相手の方にどう伝えようか迷いました。
大事な時期だし、あちらも気にするかもしれないから、ご無事の出産の報告があるまでは何もいわないようにしようということにして、そのまま時が流れ…。

天使くんの予定日を過ぎてしばらくした頃、無事出産とのメールが来ました。

そのときもとりあえず「おめでとう」の返信だけをしてこちらのことは何も言いませんでした。

パパと、ご出産お祝いをどう贈ろうかと言う話しになりました。
本当なら、ベビー服とか、ベビーグッズが妥当でしょうけれど…。
私はまだ、そういうものを買いにいくことは出来ませんでした。
ベビーコーナーに足を踏み入れると思うだけで体が震えるほどでした。

それで、商品券に紅茶とかわいい角砂糖を添えて送ることにしました。

デパートに商品券を買いに行き、熨斗はと聞かれ、「ご出産お祝いで」と答えました。
ふと顔を上げたとき、狛犬が書いてあるかわいい熨斗紙が着いているのを見てドキッとしました。

そうか。
もし天使くんが元気に生まれていたら、こういう熨斗紙のお祝いが届いたんだ…。
知らなかった…。

足元がグラグラするような気持ちで商品券を受け取りました。
急いで紅茶などを揃え、小さな名刺大のカードにおめでとうございますとだけ書いて、その日のうちに送りました。

それからしばらく経ったときです。
家に一人でいるとき、玄関チャイムが鳴りました。
宅急便でした。

届いたのは内祝い。

送り状の内容の欄に「ベビーケット」と、書いてありました。



誰も悪くないのです。
私たち夫婦が、知らせていなかったのですから。

予定日はこちらが先だったといっても、そんなのは誤差もあります。
記憶違いかなと思われたかもしれません。

こちらがなぜ商品券にしたのかなんて、理由を言わなければ無事に生まれたご家庭では想像も付かないことなのは当然なのです。


号泣したのは覚えていますが、それがどのタイミングだったのかはもう思い出せません。

ただ、帰ってきたパパに内祝いがベビーケットだったと話した瞬間の、なんともいえない表情だけが印象に残っています。


今も、そのご家庭とは私は没交渉です。

パパは、誘われれば飲み会に行きます。
もう一人の独身だったお友達も結婚し、最近は「次は日中に家族ぐるみで会おう」と言われているようです。

でも会いたくない。


年賀状を、私がどうしても見たくなかったのは、このご家族の写真を見るのが辛かったからです。
今も、もう5年も経ったけれど、パパ宛の年賀状は見ません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。