アレルギーっ子ママで天使ママのつれづれ日記    卵・乳除去コピー給食(小学校)と、卵・乳・魚類除去コピー給食(幼稚園)の2種類を頑張り中 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血液検査結果(1)(2)…姫の食アレ(10)
2007年11月29日 (木) | 編集 |
姫の、血液検査結その1とその2です。

7ヶ月時 血液検査結果

検査項目

クラス

測定値

ヤケヒョウダニ(ダニ1)00.34以下
ハウスダスト1 00.34以下

マルチ(動物上皮)

00.34以下
卵白2

0.81

オボムコイド00.34以下
牛乳10.43
小麦00.34以下
00.34以下
ソバ00.34以下
大豆10.48
ピーナッツ20.93
イワシ00.34以下
ゼラチン00.34以下
マルチ(カビ)00.34以下
IgE(非特異的IgE)

32

1歳6ヶ月時 血液検査結果

検査項目

クラス

測定値

差異

(マルチアレルゲン)イネ科00.00
(マルチアレルゲン)カビ00.000

スギ

00.00
ヤケヒョウダニ(ダニ1)0

0.00

0
ハウスダスト100.000
牛乳00.00-0.43
卵白10.67-0.14
ピーナッツ00.19-0.74
アーモンド00.22
大豆00.13-0.35
ゴマ00.30
鶏肉00.00
カカオ00.00
IgE(非特異的IgE)

71

※便宜上、7ヶ月時に「0.34以下」だったものは、「0」と換算して差異を算出しています。

 

この1歳半の血液検査直後に、姫の食アレ9で書いた1度目の引越しをしました。

この7ヶ月の時点で卵・牛乳・大豆の除去に入り、数値が低いため3~4ヶ月経ったところでヨーグルトが解除になりました。
その後、納豆の誤食を経て、少しずつ牛乳と大豆は「共通設備」や「原材料に○○を含む」程度は食べるようになって行きました。

ちなみに、2度目の血液検査のときは「小麦」は調べていません。
7ヶ月のときに陰性で、食べても無症状でしたので、調べる必要なしということだったのです。
実際、離乳食のときから、そうめんやうどんは食べていました。
パンも、卵・牛乳不使用のベーグルなどは、表面の固い部分をむいて食べさせていました。
姫は、『ちゅるちゅる』も『パン』も、大好きだったのです。
卵・牛乳・大豆を使わない、小麦のホットケーキも焼いていました。


1歳半の血液検査は、実はそれまでのかかりつけ医ではなく、その直前に深夜高熱を出して救急外来に掛かった大きな病院で受けました。
その高熱は実はマイコプラズマだったのですが、かかりつけ医では「風邪」と診断され、抗生物質等の薬を飲んでいたにもかかわらず、熱が下がらない、ということがありました。

除去やアレルギーの方での受診でも、こちらの相談に対して、一通りは話しを聞いてくれるものの、いつも同じ様な対応で、何度も聞いた話しの繰り返しをされたりして、不振というほどではないのですが物足りなさを感じていました。
除去についてもこちらの判断で調味料も大豆抜きにしたのですが、次に掛かったときには、まるで先生の指示で調味料も止めてみて、それで成果が上がったのだ、という風に話されたり。

一つ一つは些細なことなのですが、お医者さんを替えてみたいなと少しずつ思っていたのです。

そんな中で、マイコプラズマを見つけてもらえないで、深夜、大きな救急外来に行ったとき、どうせならアレルギーもこちらで見てもらえないか、と考えたのでした。

そして、熱が落ち着いたところで血液検査を受け。

上の結果を受け、言われたこと。

「そろそろ卵や牛乳もどんどん食べさせて」

それは、加工品ということでしょうか?という私の問いに対して、

「ここまで数値が下がっているのだから、そのものを食べさせてもいいでしょう。卵だけは加熱して」
「ヨーグルトを食べているんでしょう?だったら牛乳も飲めるはず。」
「お母さんが不安がっていると、いつまで経っても食べられるようになりませんよ。」


何を、どのくらい、どんな風に、という具体的な指示はありませんでした。
味噌や醤油も、大豆抜きにしているといったら、そこまでするのは大げさ、と言われました。

このとき。

私は、待合室に出て、とても、嬉しかったのです。

血液検査の結果が、すごく低かったこと。

このときかかったのは、本当に本当に大きな病院で、そこで太鼓判を押してもらえたこと。

食べていいんだ。
食べられるんだ。

私が、神経質になりすぎていただけなんだ。

広々として、外光の差し込む総合病院の待合室で、ボケーっとしばらく座っていたのを覚えています。

パパに、何でも食べていいんだって、とメールしながら、私はとても嬉しかったのです。


姫の食アレ11へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。